S&Pグローバルが3日発表した英国の7月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.6で、6月の54.3から低下し、ロックダウン下だった2021年初頭以来、17カ月ぶりの低水準となった。速報値の53.3からも下方修正された。

歴史的な物価高を受けイングランド銀行(英中央銀行)は利上げを繰り返し、経済は減速している。