S&Pグローバルが3日発表した7月のイタリア・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は48.4と、前月の51.6から低下し、好不況の分かれ目となる50を1月以来初めて割り込んだ。