「OPECプラス」は、9月に10万バレル増産で合意したが、同日、米国務省はサウジ及びUAEに39.6憶ドルに上るパトリオットミサイルなどの売却を承認。

 どちらが得したかは明確。