中国は習近平国家主席が11月に東南アジアを訪問し、バイデン米大統領との直接会談を行う方向で準備している。習氏にとって約3年ぶりの外遊で、バイデン氏が大統領に就任してから初の直接会談となる。

習氏は党大会終了後、11月15〜16日にインドネシア・バリ島で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席する可能性が高い。

その後、習氏はタイの首都バンコクに移動し、2日後に開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席する見通し。