「土俵の真ん中で相撲をとる」とは、常に土俵の真ん中を土俵際だと思って、一歩も引けないと言う気持ちで仕事に当たると言うことです。