プーチン大統領は21日に放映されたテレビ演説で、ウクライナ侵攻をめぐり国民の部分的動員令に署名したと発表した。予備役を招集するもので、即日発効した。ショイグ国防相によると、招集される予備役は30万人。

 プーチン政権は、親ロシア派を通じて占領・支配するウクライナ東・南部4州で、23〜27日にロシアへの編入に向けた「住民投票」を実施すると決定。

 プーチン氏は演説で、住民投票の結果が出れば「支持する」と表明。ウクライナ東・南部を「ノボロシア」と呼び、ロシアの歴史的領土だとの認識を示した。