25日投開票されたイタリア上下院総選挙の出口調査によると、野党右派「イタリアの同胞(FDI)」率いる右派連合が過半数を獲得する見通しとなった。FDIのジョルジャ・メローニ党首(45)が同国初の女性首相に就任するとみられる。


国営イタリア放送協会(RAI)の出口調査によると、FDI、サルビーニ書記長率いる「同盟」、ベルルスコーニ元首相率いる「フォルツァ・イタリア」による右派連合の得票率は41─45%となったもようで、上下両院を支配するのに十分な水準に達した。