tkgmac

本日のJPX金先限は、急反落。MACでは、16日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(7681円)〜HMA(7812円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。
価格帯別出来高の厚い7500円〜7600円水準が下値支持帯として機能するか否かが焦点。

tkgichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗。雲の下限割れで、心理的節目7500円〜200日移動平均線の攻防へ移行する。この支持帯を割り込んだ場合は、N=7242円が意識される。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドでは売りの時代。-2σ突破で短期的な売られ過ぎ感。%Bは保合い中で、逆張りパターン。

tkghl

トレンドフォロー系指標は、20日間安値更新で陰転。