クレディ・スイスの年次報告書「グローバル・ウェルス・レポート」2022年版によると、世界のミリオネア(保有資産額が100万ドル以上の富豪)の数は21年、520万人増加し、うち半数近くが米国居住者だった。

21年の世界のミリオネアの数は6250万人で、その大半の保有資産は100万〜500万ドル。米国に居住するミリオネアの人種比率は、白人が76%、アジア系が8%、黒人が8%、ヒスパニック系が7%。

世界のミリオネアの総資産額は、2000年の41兆4000億ドルから2021年は5倍の221兆7000億ドルへと膨れ上がった。同期間で、世界全体の富に占めるミリオネアの資産額の割合は、35%から48%へと増加。保有資産額5000万ドル以上の超富裕層の増加ペースはさらに速く、2021年の超富裕層の21%が新参者だった。