S&Pグローバルとムーディーズは18日に、南ア格付け見直し結果を発表する。

先月の財務相の中期予算方針演説で財政見通しが改善したことが評価されるとみられる。

南アランドが大きく動くようなら、白金系貴金属の変動要因になる可能性も。