米国のイラン担当特使であるロバート・マレー氏は14日、イランによるデモ隊弾圧とロシアへの無人機売却により、米国の関心は核合意復活から遠ざかっていると述べた。