中国国家統計局が15日公表した統計によると、10月の鉄鋼生産量は前月比8.3%減の7976万トンとなった。新型コロナウイルス規制が続き、不動産危機が深まる中で需要が打撃を受け、一部の製鉄所が早期に点検の休止期間に入った。

一方、前年比では11%増加。前年は電力制限と生産抑制で日量生産量は数年来の低水準となっていた。

10月の1日当たり平均生産量は257万トン。平均230万トンだった2021年11月以来の低水準となった。9月は平均290万トン。

1─10月の生産量は前年同期比2.2%減の8億6057万トン。1─9月は3.4%減。