中国国家統計局が15日発表した10月の鉱工業生産は前年比5.0%増加し、前月の6.3%増から伸びが鈍化した。事前予想の5.2%増も下回った。新型コロナウイルス関連規制が重しとなった。

10月の小売売上高は前年比0.5%減少した。上海市で全面的なロックダウン(都市封鎖)が導入されていた5月以降初めてのマイナスとなった。市場予想は1.0%増、9月は2.5%増だった。

1─10月の固定資産投資は前年比5.8%増加。市場予想は5.9%増。1─9月は5.9%増。