バークシャー・ハサウェイのチャーリー・マンガー副会長(98)は、暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの経営破綻を受け、あらためて暗号資産(仮想通貨)を批判した。

マンガー氏は15日、CNBCに対し、「ある部分は詐欺で、ある部分は妄想だ」と述べ、「悪い組み合わせだ。どちらも好きではない。そして詐欺よりも妄想の方がより極端と言えよう」と続けた。