米共和党上院トップのマコネル院内総務は15日、連邦債務上限を引き上げる法案は来年まで必要ないと指摘し、上院での年内採決の可能性は低いとの見方を示した。

マコネル氏は今議会で上限引き上げ法案を採決する可能性を記者団に問われ、債務上限問題は来年まで浮上しないと述べた。