北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は16日、NATO加盟国とブリュッセルで開いた会談後に記者会見し、ポーランド領内で発生した爆発を巡る初期の調査結果だとして、ウクライナの迎撃が原因だったと説明。

これに先立ち、ポーランドのドゥダ大統領も、領内に着弾したロケット弾がロシアの意図的な攻撃だったことを示唆するものは一切ないと言明。