鉱工業生産前月比

10月の米鉱工業生産指数は製造業生産指数は前月比0.1%上昇と、市場予想(0.2%上昇)を下回った。8─9月分も下方修正され、金利上昇下で製造業の勢いが急速に失われていることを示唆。10月の前年同月比は2.4%上昇。

9月分は0.4%上昇から0.2%上昇に、8月分は0.4%上昇から0.1%上昇にそれぞれ修正された。

自動車の生産は2.0%上昇。電気機器、家電、部品、航空宇宙機器、輸送用機器の生産も上昇した。ただ、建設資材は低下。鉱業生産は0.4%低下。公益事業が1.5%低下と3カ月連続で低下。