yen

昨晩のドル円は、前日比65銭円安・ドル高の1ドル=140円15〜25銭で終えた。

セントルイス連銀のブラード総裁が17日朝の講演で、米政策金利について「まだ十分に制限的な水準に達していない」とし、一段の利上げの必要性を主張した。利上げ減速観測が後退し、金融引き締めが長期化するとの見方が強まった。米長期金利が上昇し、日米金利差の拡大が円売り・ドル買いを誘った。

euro

ユーロは対ドルで5営業日ぶりに反落し、前日比0.0030ドル安い1ユーロ=1.0360〜70ドルで終えた。