木藤石油連盟会長は21日の定例会見で、

「原油価格は1バレル80―95ドル程度で推移する見通し」

「見通しの引き下げは、各国の利上げに伴う景気後退懸念もあり足元軟調に推移しているため」と述べた。