yen90

昨晩のドル円は、前日比1円ちょうど円高・ドル安の1ドル=134円30〜40銭で終えた。11月の米雇用統計が労働市場の強さを示し、発表直後は円売り・ドル買いが優勢だったが、米連邦準備理事会(FRB)が12月会合で利上げ幅を0.75%から0.5%に縮小するとの観測は後退せず、反落。

EURO200

ユーロは対ドルで3日続伸し、前日比0.0015ドル高い1ユーロ=1.0535〜45ドルで終えた。米雇用統計の発表直後にはユーロ売り・ドル買いが優勢になったが、その後は円と同様にユーロにも買い直しが入った。