ロシアのラブロフ外相は1日の会見で、米国と北大西洋条約機構(NATO)はウクライナを支援しており、ウクライナ戦争に直接参戦しているとの見解を示した。

 ウクライナと西側諸国が戦争犯罪と非難しているウクライナのエネルギー施設への攻撃については「われわれがエネルギー施設を無能力化するのは、(西側諸国が)これらの施設のおかげで殺傷兵器をウクライナに供与し、ロシア人を殺害できるためだ」と指摘。

 「このため、米国とNATOがこの戦争に参戦していないと言うべきではない。直接参戦している。兵器の供給だけでなく、人員の訓練も行っている。自らの領土で(ウクライナ)軍を訓練している」と述べた。