ロシアのプーチン大統領とドイツのショルツ首相が2日、ウクライナ情勢を巡って電話会談した。ロシア大統領府の発表によると、プーチン氏はドイツを含む欧米によるウクライナへの軍事支援が原因で「(ゼレンスキー政権は)いかなる対話も完全に拒否している」と主張。