本日の国内商品は、大旨安寄り後、穀物中心に大引けにかけて安値を買われた展開。当欄で採り上げたコーン先限は、寄付き40350円、大引け41560円。NON−GMOは、寄付き84000円、大引け89400円のS高。
 さすがに、天候相場の真っ只中、安値売り込みは避けられた格好。

 オイル関係は、こちらを参照

 独7月IFO景気動向指数が97.5と事前予想(100.1)を下回り、6月の英小売売上高が前月比-3.9%と予想を下回ったことを受けてユーロ・ポンドなどの欧州通貨売りが強まっているが、この流れがNYまで続くか否かに注目したい。