07672d59.jpg 今朝放送されたブルームバーグTVのダイジェストです。

Q:NY原油は3日続落ですが、このまま下落を続けるのでしょうか?
菊川:年明けから短期的に50ドル台までリカバーしたことに対する調整で、ここから大きく崩れるとは考えていません。

Q:何が材料になりますか?
菊川:引き続き中東情勢、ロシア、ウクライナ情勢等の地政学リスク、そしてOPECの減産遵守率が比較的高い水準で守られていることなどが下値を支える要因になると思います。

Q:予想レンジはいかがですか?
菊川:40ドル台を瞬間的に割り込むことはあるでしょうが、その水準ではすぐに買いが入ると思います。アメリカの戦略備蓄積み増しも昨年末までは一時的にストップしていましたが、再度積み増しが開始することも決まっています。地政学リスク次第では再度50ドルを突破することもあるのではないでしょうか。


Q:東京市場は雪の予報が出ていますが、影響しますか?
菊川:昨日から灯油の期近を中心に確りした動きになっています。寒さが厳しくなってくれば灯油の期近を中心に小確りになると思います。

Q:NY金はいかがでしょうか?
菊川:年明けに一旦ドルがリバウンドしましたが、大きいトレンドのドル売りは変わらず、それに対する金買いの動きは続くと思います。

Q:イングランド銀行が利下げをしましたね?
菊川:世界的に金利が低い状況に抑えられるということは金のみならず、過剰流動性がマーケットに提供されるということなので、長い目で見ればプラス要因になると思います。

Q:予想レンジはどのくらいですか?
菊川:830ドル〜890ドルくらいを見ています。

Q:東京市場はやや円高ですね?
菊川:円高が上値を抑える要因になるでしょうが、30円前後のプラスで始まるのではないかと思います。

Q:穀物相場は小動きと見て良いのでしょうか?
菊川:週間輸出成約は、コーンが弱気、大豆が強気となりましたが、年明け以降、短期的に上昇したことに対する調整の範囲内だと思います。

Q:コーンはいかがでしょうか?
菊川:中国の生産が過去最高になりそうだということを嫌気していますが、ここからは米作付面積と南米産の生育状況に焦点が移っていくと思います。

Q:強気で見て良いですか?
菊川:価格水準的には低いところまで売られているので、一番底を確認して、底堅めに移行するのではないかと思います。


にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ