朝だ夜明けだ

寄り付き予想

海外市況速報20180618

昨晩の海外市場はこちら。

最終約定価格20180618

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が72円前後のマイナス、白金が58円前後のマイナス。

原油市場は、1850円前後のマイナス。
 
穀物市場は、大豆が20円前後のプラス、コーンが260円前後のマイナスで始まる見通し。

週末の海外市場(ヘッドライン)

ドル円:横ばい。トランプ米政権は15日、中国の知的財産侵害に対する制裁措置として500億ドルに相当する中国からの輸入品に25%の関税を課すと発表。関税措置は1102品目に及び、第1弾は7月6日から340億ドル規模の輸入品に制裁関税を課す。第2弾が160億ドル。一方、中国も同日の7月6日から農産物、自動車など500億ドル規模の米輸入品に報復関税を課すと発表した。米中貿易摩擦への警戒感から投資家心理が悪化し、朝方は低金利で運用資金の調達通貨とされる円が買われたが、日銀による金融緩和策が長期化するとの見方や、一時下げ幅を拡大した米株式相場が持ち直したことが円売りドル買いを誘ったが、上値も限定的。米中貿易摩擦が深刻化すると警戒され、ユーロがドルに対して買われた。前日にECBが利上げに慎重な姿勢を示してユーロが大幅安となった後とあって、週末を前に持ち高調整のユーロ買いも入った。

NYダウ:4日続落。トランプ米政権が中国製品への追加関税の発動を表明し、中国は米国製品に同額の報復関税を課すと表明。米中の貿易摩擦が激化するとの懸念から、中国事業の比率が高い銘柄を中心に売りが優勢となった。ただ、米景気や企業業績の堅調さを意識した買いも入り、相場は午後に下げ渋った。

NY金(8月限):NY時間の午前8時半過ぎに米トランプ政権が中国製品に対する制裁関税を発動するとのニュースが流れると、中国経済に対する懸念から一次産品需要の減少に対する懸念が強まり、金市場でも売りが殺到した。今月1日の安値1293.1ドル、1290ドル、5月21日の安値1286.8ドル、さらに1280ドルと主要な支持線を割り込み、ストップロスを巻き込んで急落。

NY銀(7月限): 今月5日以来の安値となる1646セントまで下落。

NY白金(7月限):大幅安。米トランプ政権が中国製品に対し、制裁関税を発動するとの報道を受け、米中貿易戦争で中国の景気減速、中国でプラチナ、パラジウム需要の減退が懸念され、2商品とも20ドルを上回る下げとなった。

NYパラ(9月限):大幅安となり、9月限は980ドルに接近するまでの下落。

NY原油(7月限):急反落。NY時間の午前8時半過ぎに米トランプ政権が中国製品に対する制裁関税を発動するとのニュースが流れると、中国経済に対する不安から貴金属、非鉄、大豆などを中心に商品市場がほぼ全面安となり、原油もその流れに巻き込まれ、今月6日以来の安値となる64.29ドルまで値を落とした。
6月下旬の石油輸出国機構(OPEC)総会でサウジアラビアとロシアが協調減産の緩和を決めるとの観測や、米リグ(掘削装置)数が2週連続で微増となったことも一因。


シカゴ大豆(7月限):米中間の貿易戦争激化に対する懸念から売りが膨らみ大幅続落。米通商代表部(USTR)は7月6日付で第一弾となる340億ドル相当の中国からの輸入品に対する追加関税の導入を発表。中国側も対抗措置をとる姿勢。

シカゴコーン(7月限):小幅続落。米国による中国への追加関税導入の発表を受けた大豆安に追随して355セント割れ直前まで下押されたものの、中国側のコーン自給率が高いことから、米中貿易戦争激化が米コーン輸出に与える影響は大豆に比べると限定的との見方から下げ幅を縮小。

週末の海外市場

ドル円 110.64 + 0.01

NY金  2018/8  1278.5 - 29.8     

NY銀  2018/5  1648.0 - 78.2

NYプラ 2018/7  887.8 - 23.1

NYパラ 2018/6  981.80 - 24.80   

NY原油 2018/6  65.06 -1.83  

シカゴ大豆  2018/7 905.50 - 21.75

シカゴコーン 2018/7 361.25 - 1.75

昨晩の海外市場

ドル円 110.64 + 0.01

NY金  2018/8  1278.5 - 29.8     

NY銀  2018/5  1648.0 - 78.2

NYプラ 2018/7  887.8 - 23.1

NYパラ 2018/6  981.80 - 24.80   

NY原油 2018/6  65.06 -1.83  

シカゴ大豆  2018/7 905.50 - 21.75

シカゴコーン 2018/7 361.25 - 1.75

寄り付き予想

海外市況速報20180615

昨晩の海外市場はこちら。

最終約定価格20180615

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が27円前後のプラス、白金が22円前後のプラス。

原油市場は、10円〜210円前後のマイナス。
 
穀物市場は、大豆が40円前後のマイナス、コーンが240円前後のマイナスで始まる見通し。

昨晩の海外市場(ヘッドライン)

yen

ドル円:欧州中央銀行(ECB)は、マイナス圏にある政策金利を少なくとも来夏まで据え置く方針を明言。量的緩和策の年内打ち切りも併せて発表した。金融政策の正常化で先行する米国との差が意識され、ユーロは対ドルで急落。円相場もこれに追随して対ドルで下落した。
dow

NYダウ:小幅続落。米商務省が朝方発表した5月の小売売上高は季節調整後で0.8%増と、市場予想の0.4%増を上回った。また、労働省が公表した最新週の新規失業保険申請件数も前週比で4000件減少。これらの強い米経済指標を受けて、上昇した。ECBは定例理事会で量的金融緩和を今年末で打ち切る方針を決定する一方、政策金利は「少なくとも2019年夏まで据え置く」との見通しを表明すると、欧米で金利が低下したことから、利ざや縮小を嫌気して金融株に売りが膨らみ、ダウの重しとなった。
nyg

NY金(8月限):続伸。5月15日以来の高値を付けたのち、ドル安一服を受けて上げ一服となった。
nyslv

NY銀(7月限):続伸。ドル安を受けて4月19日以来の高値を付けた。
nypt

NY白金(7月限):続伸。ドル安を受けて買い優勢となり、5月31日以来の高値を付けた。
nypal

NYパラ(9月限):続落。時間外取引でドル安を受けて堅調となったのち、戻りを売られ、小幅安となった。
wti

NY原油(7月限):続伸。来週に石油輸出国機構(OPEC)総会を控えるなか、ブレント原油とニューヨーク原油の価格差に調整が入り、ブレント原油には売りが入った一方で、ニューヨーク原油は買われた。
cs

シカゴ大豆(7月限):大幅続落。15日に米国による中国からの輸入品に対する500億ドル相当の追加関税対象リストの発表を控えていることに加え、大手通信社が対象となる品目数を800から900に拡大すると伝えたことで米中間の通商問題懸念がさらに深まり、売られた。
cc

シカゴコーン(7月限):大幅続落。米国による中国からの輸入品に対する追加関税対象リストの発表を控えるなか、トランプ大統領が対象となる品目数を800から900に拡大すると大手通信社が伝えたことや、中国以外にもメキシコ、カナダとの間の貿易摩擦に対する懸念が広がったこともあり、売られた。また、米コーンベルトでの順調かつ良好な生育も弱材料となった。

昨晩のNY金

昨晩のNY金(8月限)は続伸した。前日比7.0ドル高の1トロイオンス1308.3ドルで終えた。一時1313.0ドルまで上昇し、中心限月として5月半ば以来の高値を付けた。

欧州中央銀行(ECB)が14日の理事会で量的金融緩和を年内に終了すると決めたが、来年夏まで利上げしない方針も示し、低金利を当面続ける姿勢を示したことを受けて、買いが優勢となった。

昨晩のNY原油

昨晩のNY原油(7月限)は4日続伸した。前日比0.25ドル高の1バレル66.89ドルで取引を終えた。前日発表の週間の米石油在庫統計で原油在庫が減ったことを手掛かりとした買いが続いた。

 ただし、石油輸出国機構(OPEC)総会を控え、積極的な取引を見送るムードも強かった。

昨晩のNYダウ

昨晩のNYダウは3日続落し、前日比25ドル89セント(0.1%)安の2万5175ドル31セントで終えた。

 欧州中央銀行(ECB)が14日の理事会で量的金融緩和を年内に終了すると決め、欧州国債利回りの低下につれて米国債利回りも下がった。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど金融株が売られ、相場全体の重荷になった。

 14日は関税発動に向けて閣僚会議が開かれた事も一因。

 ただ、下げ幅は限られた。12日に通信大手のAT&Tとメディアのタイムワーナーの事業統合を米連邦地裁が認めたのをきっかけに、通信とメディアの業界再編が進むとの期待が高まった。映画・娯楽のウォルト・ディズニーやCATV大手コムキャストなど関連株が上昇し、相場を支えた。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発。終値は前日比65.343ポイント(0.8%)高の7761.042と、2日ぶりに過去最高値を更新。

昨晩の海外市場

ドル円 110.64 + 0.30

NY金  2018/8 1308.3 + 7.0      

NY銀  2018/5  1726.2 + 27.1

NYプラ 2018/7 910.9 + 8.4 

NYパラ 2018/6 1006.60 - 0.60     

NY原油 2018/6 66.89 + 0.25   

シカゴ大豆  2018/7 927.25 - 8.75

シカゴコーン 2018/7 363.00 - 13.00
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

くりっく365
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ