朝だ夜明けだ

昨晩のドル円

昨晩のドル円は、前日比30銭円安・ドル高の1ドル=104円85〜95銭で終えた。

欧州連合(EU)統計局が22日発表した10月のユーロ圏の消費者信頼感指数(速報値)は前月から低下し、市場予想も下回った。軟調な欧州の経済指標や新型コロナウイルスの感染拡大を材料に、ユーロ売り・ドル買いが広がり、対円でもドル買いが進んだ。

一方、追加経済対策への合意期待と堅調な米経済指標を受けた主要株価指数上昇、米長期金利が上昇した事も一因。

昨晩のシカゴ穀物

昨晩のシカゴ大豆(11月限)は続伸。前日比1.75セント高の1073.75セント。
大口成約が発表されたことが支援要因となり、一代高値を更新する場面も見られたが、上値警戒から転売が膨らんだため上げ幅を縮小して引けた。

シカゴコーン(12月限)は続伸。前日比2.50セント高の416.25セント。
週間純輸出成約高が前週から大きく増加したうえ、事前予測の上限を上回ったことが買いを支援した。また、南米諸国の乾燥懸念も引き続き、買いを支える要因となるなか、一時は19年7月25日以来の高値まで上昇。

昨晩のNY原油

昨晩のNY原油(12月限)は反発。前日比0.61ドル高の1バレル40.64ドルで終えた。

米雇用指標の改善を受けた需要回復を見込んだ買いや、米国の追加景気対策が近々合意に至ると期待されていることが相場を押し上げた。民主党のペロシ下院議長はトランプ政権との協議は進展しており、経済対策法案が「非常に近く」まとまる可能性があると語った。

ロシアのプーチン大統領が現行の減産目標を維持し、来年1月から予定されている増産を見送る可能性を示唆したことも支援要因。必要であれば減産も可能であるとの認識を示したが、現時点でその必要はないと語った。

一方、欧州を中心として新型コロナウイルスが再流行している事は上値を抑えた。

昨晩のNY白金

昨晩のNY白金(1月限)は、反落。前日比9.9ドル安の884.0ドルで終えた。
ドル高や金軟調を受けて急落したが、米雇用指標の改善を受けた株高を背景に押し目を買われて下げ一服となった。

昨晩のNY金

昨晩のNY金(12月限)は反落。前日比24.9ドル安の1トロイオンス1904.6ドルで終えた。

米追加経済対策の合意期待から株高に転じたが、欧州の新型コロナウイルスの感染再拡大を受けてユーロ安に振れたことが圧迫要因となって戻りを売られた。時間外取引の安値を割り込むと、テクニカル要因の売りが出て一段安となり、1894.2ドルまで下落した。

米国の追加経済対策の協議は継続したが、ペロシ米下院議長が合意しても議会通過は米大統領選後になるとの見方を示したことから、リスク回避のドル高に転じたことも一因。

昨晩のNYダウ

昨晩のNYダウは反発。前日比152ドル84セント高の2万8363ドル66セントで終えた。

米国の追加経済対策への合意期待に加えて、市場予想を上回る米経済指標の発表が相次いだ事を好感した。週間の新規失業保険申請件数は2週ぶりに減少。9月の中古住宅販売件数は4カ月連続で増え、14年4カ月ぶりの高水準となった。

ナスダック総合株価指数も反発し、前日比21.31ポイント高の1万1506.01で終えた。

昨晩の海外株式市場

NYダウ:28,363.66(+152.84)

S&P500:3,453.49(+17.93)

ナスダック:11,506.006(+21.312)

昨晩の海外市場

ドル円:104.90 + 0.31

NY金2020/12:1904.6 - 24.9     

NY白金 2020/1:884.0 - 9.9  

NYパラ 2020/12:2395.90 - 31.60     

NY原油 2020/12:40.64 + 0.61

シカゴ大豆 2020/11:1073.75 + 1.75

シカゴコーン 2020/12:416.25 + 2.50

寄り付き予想

000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の国内市場は、

貴金属市場は、金が-10円前後、白金が +10円前後、
原油市場は、 -920円前後、
穀物市場は、コーンが -100円前後で始まる見通し。

昨晩のドル円

yen

昨晩のドル円は、前日比90銭円高・ドル安の1ドル=104円55〜65銭で取引を終えた。

複数のメディアが21日に「英国とEUはEU離脱や通商の交渉を再開する」と伝えた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉進展や、中国景気の堅調さを背景にドルがユーロや新興国通貨に対して売られ、対円でもドル売りが波及した。

中国人民銀行(中央銀行)は21日、人民元売買の基準値をおよそ2年3カ月ぶりの元高に設定。中国の景気改善期待を背景に元買い・ドル売りが優勢になったことも、対円でのドル売りを誘った。

米追加経済対策の協議合意に至るとの思惑が強まったことも、ドルの売りにつながった。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ