朝だ夜明けだ

寄り付き予想


000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が -18 円前後、白金が -72 円前後、
原油市場は、 -1120 円前後、
穀物市場は、大豆が +70 円前後、コーンが -110 円前後で始まる見通し。

昨晩のNY白金

nypt

昨晩のNY白金(4月限)は、続落。17.5ドル安の914.8ドルで終えた。

時間外取引では、安値拾いの買いが入ったが、欧州時間のドル高などを受けて戻りを売られた。日中取引では、金軟調につれ安となり、昨年12月10日以来の安値914.6ドルを付けた。
パラジウムは供給ひっ迫感から堅調となったが、プラチナの反応は限られた。

昨晩のNY金

yen

昨晩のNY金(4月限)は続落。前日比6.9ドル安の1トロイオンス1643.1ドルで終えた。

7年ぶりの高値をつけた後とあって、目先の利益を確定する目的の売りが出やすい中、NYダウが一時400ドル高となると、株高を背景に利食い売りなどが出て戻りを売られた。時間外取引の安値を割り込むと、1626.6ドルまで下落したが、株高が一服したことから地合いを引き締め下げ一服。1652.2ドルまで戻した。

ブラジル保健当局は、新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。ブラジル、そして中南米で初の感染例となる。米疾病対策センター(CDC)は、米国内の新型コロナウイルスの感染者が6人増え、累計で59人になったと発表。

昨晩のNY原油

wti

昨晩のNY原油(4月限)は、続落。前日比1.17ドル安の1バレル48.73ドルで終えた。

新型コロナウイルスの感染が世界各地に広がっていることで、ヒトやモノの移動が滞り、石油需要が減少、減速していた世界経済がさらに失速することが警戒された。欧州ではイタリアに続き、オーストラリア、クロアチア、スイス、ドイツなどで感染者が報告されている。ドイツのシュパーン保健相は新型肺炎の「流行が始まった段階」にあるとの認識を示した。ブラジルでも感染が確認された。

米エネルギー情報局(EIA)週間石油在庫統計で原油在庫が小幅な増加にとどまり、市場予想ほど増えず、ガソリン、ヒーティングオイルや軽油の在庫は減少していた事から、買い戻しが入る場面はあったが、需要見通しの悪化を背景に軟調な流れは変わらなかった。製油所稼働率は前週から87.9%まで低下し、時期的に原油在庫が増えやすく、石油製品の在庫は取り崩される傾向にある。米原油生産量は日量1300万バレルの過去最高水準で横ばい。

昨晩の海外株式市場

NYダウ:26,957.59(−123.77)

S&P500:3,116.39(−11.82)

ナスダック:8,980.775(+15.162)

CME日経平均先物:22225(大証終比:-105)

昨晩のNYダウ

dow

昨晩のNYダウは5日続落。前日比123ドル77セント(0.5%)安の2万6957ドル59セントで終え、昨年10月下旬以来の2万7000ドル割れとなった。

短期的な急落に対する自律反発狙いの買いが先行したが、買い一巡後は急速に伸び悩み、午後には新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を嫌気した売りに押された。26日はブラジルで新型コロナの感染者が初めて見つかり、米国でも感染が拡大しつつあり、遠いアジアの人ごとから当事者意識が高まっている。

ナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反発し、同15.162ポイント(0.2%)高の8980.775で終えた。

昨晩のシカゴ穀物

cs

昨晩のシカゴ大豆(5月限)は小幅続伸。前日比3.75セント高の892.00セント。
短期的な売られ過ぎ感に加えて、アルゼンチンの輸出関税が延長されることになったことが強気要因となった。ただ、新型コロナウイルスに対する懸念も根強く、上値も限定的。


cc

 昨晩のシカゴコーン(5月限)は反落。前日比2.00セント安の374.50セント。
新型コロナウイルスの中国外での感染が拡大するなか、世界経済への影響に対する懸念が高まり、コーン需要に対する弱気な見方が強まった。引け前に前日の安値を割り込んだが、安値では買い戻され、下げ幅を縮小した。

昨晩の海外市場

ドル円:110.46 + 0.26

NY金2020/4:1643.1 - 6.9     

NY白金 2020/4:914.8 - 17.5  

NYパラ 2020/3:2692.80 + 45.00     

NY原油 2020/4:48.73 - 1.17

シカゴ大豆 2020/5:892.00 + 3.75

シカゴコーン 2020/5:374.50 - 2.00

寄り付き予想

000海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。

000最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が -69 円前後、白金が -148 円前後、
原油市場は、 -1280 円前後、
穀物市場は、大豆が +60 円前後、コーンが -70 円前後で始まる見通し。

昨晩の海外株式市場

NYダウ:27,081.36(−879.44)

S&P500:3,128.21(−97.68)

ナスダック:8,965.613(−255.667)

CME日経平均先物:22080(大証終比:-590)
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ