朝だ夜明けだ

昨晩のNY金

nyg

 昨晩のNY金(2月限)は、続落。前日比6.0ドル安の1トロイオンス1241.4ドルで終えた。

 11月の小売売上高など市場予想を上回る米経済指標を受けて、12月の追加利上げ観測が嫌気された。ただ、この日発表された中国やユーロ圏の経済指標がさえない内容だったことから、世界的な景気減速への警戒感が強まる中、米株相場が大幅反落。このため、安全資産としての買い支えも入り、下値は限定的。

昨晩のNY原油

wti

 昨晩のNY原油(1月限)は、反落。前日比1.38ドル安の1バレル51.20ドルで取引を終えた。

 中国の11月の経済統計で景気減速が鮮明になり、原油需要落ち込みへの警戒感が広がった。米株安やドル高も一因。中国では11月の小売売上高が15年半ぶりの低い伸びとなり、工業生産高の増加率も実質10年ぶりの小ささだった。

昨晩のNYダウ

dow

 昨晩のNYダウは、3日ぶりに大幅に反落。前日比496ドル87セント(2.0%)安の2万4100ドル51セントと5月上旬以来ほぼ7カ月ぶりの安値で終えた。

 中国や欧州の景気減速を示す経済指標を受け世界経済の先行き不透明感が改めて広がった。

 ナスダック総合株価指数は続落し、前日比159.669ポイント(2.3%)安の6910.665で終えた。

昨晩の海外市場

ドル円 113.37 - 0.26

NY金  2018/2    1241.4 - 6.0    

NY銀  2018/3    1463.7 - 21.8      

NYプラ 2018/1   785.3 - 12.2     

NYパラ 2018/3   1171.60 - 19.10

NY原油 2018/1 51.20 - 1.38

シカゴ大豆  2018/1  900.50 - 6.50

シカゴコーン 2018/12   376.75 + 1.25

寄り付き予想

海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。



最終約定価格

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が -14 円前後、白金が -24 円前後、
原油市場は、 -1880 円前後、
穀物市場は、大豆が +310 円前後、コーンが +140 円前後で始まる見通し。

昨晩の海外市場

ドル円 113.60 + 0.31

NY金  2018/2  1247.4 - 2.6       

NY銀  2018/3  1485.5 + 0.4        

NYプラ 2018/1  797.5 - 9.6     

NYパラ 2018/3  1190.70 - 3.80            

NY原油 2018/1 52.58 + 1.43           

シカゴ大豆  2018/1  907.00 - 13.00   

シカゴコーン 2018/12  375.50 - 0.75

昨晩のNY金

昨晩のNY金(2月限)は、反落。前日比2.6ドル安の1トロイオンス1247.4ドルで終えた。

欧州中央銀行(ECB)が成長率予想を引き下げ、ユーロ安ドル高となったことを受けて軟調となった。ECBは量的緩和(QE)を終了させることを正式に決定したが、成長率予想を引き下げたことを受けてユーロ安となった。

一方、メイ英首相は信任投票で続投が決まったが、英国の欧州連合(EU)離脱に対する懸念が残っており、下支え要因となった。

昨晩のNY原油

昨晩のNY原油(1月限)は、反発。前日比1.43ドル高の1バレル52.58ドルで取引を終えた。

売りが先行したが、前週に主要産油国が減産延長で合意したのを受けて、サウジが米国への輸出量を1月にも減らす計画だと伝わり、米国の在庫増で需給が緩むとの警戒感が後退した。

国際エネルギー機関(IEA)月報で、来年の原油需要の増加予想を据え置き供給量は減少するとの予想を示した事も一因。

昨晩のNYダウ

昨晩のNYダウは、続伸。前日比70ドル11セント(0.3%)高の2万4597ドル38セントで終えた。

中国政府が米国産大豆の輸入を再開したと伝わった。米国から輸入する自動車・部品の関税も大幅に引き下げると伝わっており、貿易交渉が進展しているとの期待が続いた。

原油先物相場が上昇し、エクソンモービルやシェブロンなど石油株が買われ指数を支えた面もあった。

ナスダック総合株価指数は4営業日ぶりに反落し、前日比27.978ポイント(0.4%)安の7070.334で終了した。

寄り付き予想

海外市況速報

昨晩の海外市場はこちら。



最終約定

本日の東京市場は、

貴金属市場は、金が ±0 円前後、白金が +49 円前後、
原油市場は、 -510 円前後、
穀物市場は、大豆が -480 円前後、コーンが -70 円前後で始まる見通し。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ