度胸ひとつに火のような錬磨

地震

東京・揺れた

主要通貨の動静から見える米欧の投資環境とGOLDの行方

CapD20170808_1

かつて「美女と野獣」と題したセミナーやったことありました(笑)。

9月23日(土)に石川さんとの講演会(主要通貨の動静から見える米欧の投資環境とGOLDの行方)です。

台湾講演会

CapD20170730_1

先週は、台湾で講演会。

CapD20170730

世界経済の見通しと短期売買について。

IMG_1865


ネットで台湾全土の支店にも配信され、2日間で相当多くの方々に見て頂いた格好です。
IMG_1884


食べるものもみな美味しい。
IMG_1883


IMG_1885


IMG_1855


IMG_1853

講演中にお話しした、北朝鮮リスクや円高リスクは、その週のうちに実現。

ご紹介した複数の売買技術もワークしています。

気学運勢歴(6月)

当たるも八卦、当たらぬも。。。

株式:突発材料に振り回されやすい。付和雷同せず、逆張りが良い。

金:好材料が過大評価されやすい。同調せず押し目を狙え。強気機運は変わらない。

白金:買い一貫。高値波乱も上伸に飛びつかず、突込みを仕込め。

ゴム:小じっかりから上値狙いだが、大きくは動けぬ。確りの往来相場。

お客様メニュー更新

お客様メニュー「市場分析レポート」で
「OPEC総会を前に」
「ジョージ・ソロス」

を更新しています。

同じく、本日更新のお客様メニュー「テクニカル分析レポート:NYダウ」と合わせて、参考にして頂ければと思います。

夏季特別経済セミナー

top20170708_2

 夏季特別経済セミナー「株・為替・金」サマーラリーを読む、開催!!

7月8日(土)12:25〜

コングレスクエア日本橋 2Fコンベンションホール(日本橋駅直結)


講師は、

「トランプショック - 日本とアメリカの動揺 - 」と題して、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさん、

FXは、川合 美智子さん

CXは私が担当。

詳細・お申し込みは、こちら

「テクニカル分析レポート」(東京金)

お客様用メニューに「テクニカル分析レポート」(東京金)をアップしました。

今回は、一目均衡表、ボリンジャーバンド、HLバンドなどで日足・週足分析を行っています。
ご覧頂けるお客様は、是非ご覧下さい。iTABから閲覧できます。

ピタリ

CapD20170322

 昨日のウェブセミナーでは、ドルや金と比べて米利上げの織り込み不足感のあるNYダウの下落リスクをお話ししたが、絵に描いたような類似チャートとなった。
dow

 本日の放送打ち合わせ中にも、ピタリでしたねとお言葉を頂いたが、先週の放送でも、NY株価の織り込み不足を話していた。
 自分で自分を褒めてあげたい(笑)。花粉症の鼻づまりで、お聞き苦しかったと思うが(笑)、少しでも投資家の皆様のお役に立てて良かった。

 次は週末のセミナー。明日、伺う様々なお話も、セミナーではご紹介したい。

プラチナスポット上場

top_20170325

 2015年にスタートし、期限のない先物取引として投資家の人気を集めている「ゴールドスポット100」に続いて、本日、TOCOMに「プラチナスポット」が上場致しました。顧客向けコンテンツ(市場分析編)でも「プラチナスポット上場」を掲載してありますので、参考にして下さい。

 今週末の25日(土)には、これを記念したセミナーを開催です。東京日本橋で、13:00から無料開催です。

 白金だけでなく、GWに向けた波乱含みの時間帯の前に、色々とお伝えしたいと思います。

 詳細・お申込みはこちらから

  

円高・株安・地政学リスク

top_20170325

 円高・株安・地政学リスクが高まってきた感触。

 やはり、3月は変動が高い月となりそう。

 3月25日(土)には、東京日本橋で「プラチナスポット上場記念セミナー」も行います。

 相場変動次第では、貴金属のテクニカル分析以外に、足元の相場展望についても、お話しるかもしれません。

 3月25日までに、資料は目まぐるしく変える必要がありそうですが、大会場セミナーでないため、ギリギリまでアップデートした資料をご用意して、お話ししたいと思います。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ