度胸ひとつに火のような錬磨

イースター休場予定

米国 グッドフライデー

副島隆彦先生セミナー決定

1A586A6E-C2A9-4B17-BDED-CFEBC9A5F377

 5月18日(土)、東京日本橋で、

 副島隆彦先生とのセミナー決定。

 トランプ大統領当選を、誰よりも早く明確に予言した事は、皆さん周知の通り。

 今後の世界情勢を考える上で、必聴のセミナーとなりそうです!!。

 セミナーの詳細・応募方法はこちらから

NY原油、200日移動平均線突破

お客様メニューの市場分析レポートに
「NY原油、200日移動平均線突破」を更新しました。

参考にして頂ければ幸いです。

国際秩序の再編に伴う春相場の行方は?

CapD20190218_1

3月23日(土)
セミナー決定
激変する国際情勢。

米中ロ大国の思惑は、どのように国際秩序の再編に関わるか?

藤井厳喜氏と共に探り、予見していきます。

詳細・お申し込みは、こちら

東京外為市場のドンの一言

EC55B915-10AB-4ADC-9467-8B0823F6622F

東京外為市場のドンこと堀内昭利氏の一言。

最近、日本が没落するとか言う話を聞いたり、読んだりして、正直暗い気持ちになった。ま、 今日も貿易収支が発表されたけど、日本が4か月連続で赤字など私には信じられない。オイルショックでもあるまいし。アベノミクスがどうので、円安と株高となっているわけであるが、株は世界中に追随しているのだから、特にアベノミクスとも言えないだろう。円安に頼る構造もこれだけ貿易がダメになっているのだから、個別企業には良いだろうが、円安では個人消費は伸びないわけで、GDPも伸びないだろう。その通貨操作も国民窮乏の代償を伴う。通貨安の国が繁栄するわけもなく、それも理由が物価2%というのだから、本末転倒と言えるだろう。
栄華を誇った日本が凋落をつづけていくのを見るのは忍び難い。あらゆるランキングで格落ちになっているのを見るとため息がつく。過去の日本の栄光を知らない若い人たちにはピンと来ないだろうけど。あの凋落しているイギリスに行くのに1ポンド145円なんて信じがたい。
韓国になめられるのも至極当然なのかも。

3月24日講演会決定!

CapD20190218_1

 3月23日(土)セミナー決まりました。

 TVでお馴染みの藤井厳喜先生と。

 今回も早々に満員御礼となりそうです!

 荒れる予感の春相場・政治相場化しそうな雰囲気の中、投資家必聴の講演会となりそうです。

 詳細・お申込みは、フリーダイヤル(0120-550-780)もしくは、こちらから

新年快楽!

DFD14A16-38CB-4C10-BC32-131489D3228D

セミナーご来場様からの質問

Q:今回のセミナーで今年は金や原油もいいかなと考えておりますが、商品の方は経験らしい経験がありません。一般的に、金原油などで利食いのタイミングの分かり易いポイント、損切りの目安はどう考えればよいでしょうか?投資金に対しての割合でも、テクニカルな点など何でも構いません。

A:金や原油など商品市場は、テクニカル重視のCTA(商品投資顧問)が影響力を持っている事もあり、基本的なテクニカル分析が有効なケースが多いように感じます。たとえば、直近の上昇に対するフィボナッチ級数(38.2%押し・50%押し・61.8%押し)や、タートル(10日間・20日間高値・安値のブレイク・逆行など)が、テクニカルポイントとして、注目されています。ダブルボトムや三尊天井などのパターン分析も有効です。テクニカルポイントを利用してのエントリーや、ストップロスは有効です。

また、マネーマネジメントからのストップロスもCTAの世界では、研究が深いところです。これは、現物の株式投資と異なり、証拠金取引であるが故に、より資金管理が重要であるためです。資金に対しての証拠金比率に余裕を持ちながら、取り組まれると、資金効率の好い取引ができると考えます。

感謝の言葉

2CAA2A5C-FBDE-4CAF-A1B7-6CAD10B3AC14

 10月の上海、11月の台湾セミナーでは、NY株式市場の下落リスクをお話ししたが、今回は一般の顧客向けだけでなく、運用チームへも現場でお話した。
CapD20181218

 プロ中のプロの方々への話とあって、緊張感あるものだったが、
CapD20181218_1

講演資料が役立ったと連絡相次ぐ。

この仕事、やってて良かったと思う瞬間。

上海からお礼

B58D81EC-0092-4A06-9BC5-D3B6652B1047

 10月に行った上海ゴムセミナー来場者から、「菊川さんが話していた通り、12月から上昇してきたね」と、お礼の連絡。NY株価が下抜けしなければ、過去の季節傾向に沿った値動きとなるか?
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ