度胸ひとつに火のような錬磨

新春講演会決定!!

CapD20191129

1月25日(土)東京日本橋で、新春特別セミナー決定。

高橋洋一氏との2部構成です。

NY金、今週末〜来週にかけてのトレンド変化に注目=菊川弘之氏

時事通信社「アナリストの目」に

NY金、今週末〜来週にかけてのトレンド変化に注目=菊川弘之氏

が掲載されました。参考にして頂ければ幸いです。  

セミナーご来場様からの質問と回答

週末のセミナーには、たくさんのご来場有難うございました。
ご来場様からの質問と回答です。

Q:米大統領選の年は春、秋にNYダウとドルがボラタイルになるとのご指摘でしたが、この二つが大きく動くということは金融市場全般、商品では金、原油なども一時的に大きく動く可能性あり〜の理解でよいのでしょうか?

A:おっしゃる通りです。足元では、史上最高値圏にあるNY株価、歴史的な低ボラティリティにあるドル円ですが、過去の大統領選挙年の月間騰落率では、春&秋に波乱ありです。当然、その逆相関にある金や、その他の国際商品も、世界的なジャブ付き相場で金融相場化している中、大きく動くリスクありと考えます。

 また、セミナーでも、お話ししましたが、米下院が10月可決した「香港人権・民主主義法案」を、早ければ18日にも上院も可決と報じられており、24日の香港区議会議員選挙に向けて、香港情勢の緊張は高まる。選挙動向次第では、米中貿易協議にも影響を与える可能性は高い。また、23日には韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限が訪れる。今週は、アジア情勢の緊張が高まる週となる。週末はリスクオンから年内利下げ観測が後退したが、今週のイベント次第で、再びリスク回避が高まり、年内利下げを催促するような場面もあるかもしれない。

金・原油見通し

055DC878-438B-4706-9F84-F81AB6AB1A7B

ラジオ日経「マーケット・トレンド」で金・原油の見通しをお話ししました。

オンデマンドで視聴可能です。参考にして頂ければと思います。

動揺する世界秩序とマーケットの行方

CapD20191008

 週末のイイノホールでの講演会、満員御礼。非常感謝!!

 続いて、11月16日(土)、 「ニュースステーション」や、「モーニングバード」などでコメンテーターを務める萩谷順さんと共に、「動揺する世界秩序とマーケットの行方」と題したセミナーを東京日本橋で行います。

 お申込み・詳細は、こちらから


いよいよ明日!

4921DF49-8414-4707-9AB9-C5642238D2B0

 いよいよ、明日19日(土)、11:00〜16:45まで、東京・イイノホールで、4部構成での講演会です。

抽選でチケット当選された方々、おめでとうございます。

明日、配布させて頂く、講演冊子が手元に届きました。

情報満載・贅沢な資料です。

無料で出すのがもったいない(笑)


第1部「『米中衝突』の時代にどう備えるか〜東アジア情勢と日米同盟〜」
手嶋 龍一氏(外交ジャーナリスト・作家)

第2部「ファンドマネージャーの眼 日本株診断〜新パラダイムの下での日本株(概括編)〜」
大木 將充氏(ファイブスター投信投資顧問取締役運用部長兼チーフ・ポートフォリオ・マネージャー)

第3部「波乱の秋相場・国際秩序の再編に伴う『金・原油相場』見通し」
菊川 弘之(日産証券主席アナリスト/NPO法人国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト)

第4部「2020年に向けての為替・株式相場を展望」
若林 栄四氏(ワカバヤシエフエックスアソシエイツ代表取締役)


雨が予報されていますので、足元お気を付けてご来場ください!

動揺する世界秩序とマーケットの行方

CapD20191008

10月19日(土)セミナーは、おかげさまで定員を大幅に上回る募集を頂きました。有難うございます。

さて、11月16日(土)には、

「ニュースステーション」のコメンテーターなどを務められた萩谷順氏と共に、動揺する世界秩序とマーケットの行方と題して講演会を行います。日産証券本社7F 12:30〜です。

国際秩序の大変化が起きている中、政治相場化する現在のマーケットを、読む上で、必聴の内容となりそうです。


詳細・お申し込みは、こちらから

私の原点

「私の原点」に出演させて頂きました。


マーケット番組ではなく、川口元外務大臣や、野田聖子元総務大臣、中谷元防衛大臣などに続いて、私が出演して良いのかなぁと言う感じではありますが(笑)。

台湾講演

4808A630-7CAA-4B75-835F-88C16602B815

 先週は、台湾で講演会・TV出演でした。
 金相場への関心高かったですね。日韓対立の余波で、日本からも韓国からも台湾への観光客が増えているようで、日韓対立がどのようになりそうかとの質問も多かったです。
9F56514F-C603-4F24-B895-7ABAF26C506C

 個人投資家の投資意欲は、あちらこちらで感じられました(笑)
07E54ED5-E541-463E-9239-BA60AB1701EA

 台湾の皆さんの関心は、来年の米大統領選挙以上に、1月の台湾総統選挙にあるようでした。

波乱の秋相場・国際秩序の再編に伴う『金・原油相場』見通し

A9182EBE-F6B7-47AA-9AB2-EAF7399EEB85

 ボルトン更迭でイラン・米国が国連総会で会談もの期待が高まりを見せていた中、17日のイスラエル再選挙に合わせるかのように、中東の地政学リスクが高まりを見せている。

 誰が一番得したかを考えると、背景が見えてくるかもしれない。

 政治ファクターが強くマーケットに影響を及ぼす中、10月19日(土)に、

 「波乱の秋相場・国際秩序の再編に伴う『金・原油相場』見通し」と題して講演します。

 その他にも
 『米中衝突』の時代にどう備えるか〜東アジア情勢と日米同盟〜」
  手嶋 龍一氏(外交ジャーナリスト・作家)

 「2020年に向けての為替・株式相場を展望」
  若林 栄四氏(ワカバヤシエフエックスアソシエイツ代表取締役)

 「ファンドマネージャーの眼 日本株診断〜新パラダイムの下での日本株(概括編)〜」
  大木 將充氏(ファイブスター投信投資顧問取締役運用部長兼チーフ・ポートフォリオ・マネージャー)

など、今聞きたいお話が伺えそうです。

 詳細。お申込みは、こちらから
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ