チャートワンポイント

OSEコーン(チャート分析)

TKCMAC

本日のOSEコーンは、小反発。MACでは、22日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(33710円)〜HMA(34050円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

tkcichimoku

雲のねじれの時間で頭打ち。雲が上値抵抗として機能中。

tkcrenko

練行足は、陰転継続

東京原油(チャート分析)

TKOILWW

東京原油や、東京ゴム(RSS)は、先週から始まったJ−GATE3.0の稼働に伴い、先限つなぎ足は、値飛びが起きており、テクニカル分析を行う際には、つなぎ足と一代足との両方を確認した方が良い。当先や限月間の鞘、流動性を見極めるために、時間が必要な感触。

ゴムRSS3号先物(チャート分析)

tkrmac

本日のゴム先限(RSS3)は、続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(200.5円)〜HMA(205.9円)を下値支持帯とした押し目買い基調入り。

tkrichimoku

2月高値を起点とした下降チャネル上限の攻防戦。

tkrrenko

練行足は 陽転継続。

白金標準先物(チャート分析)

tkptmac

本日の白金先限は、続伸。MACでは、買いのトリガーヒットとなった。LMA(3271円)〜HMA(3402円)を下値支持帯とした押し目買い基調入り。ネックラインと重なる3650円水準が上値抵抗。

tkptichimoku

ストキャスティクスはゴールデンクロス。基準線〜転換線が下絵支持帯に変化。2月高値を起点とする下降チャネル継続。価格帯別出来高の厚い3500円水準で底固めできるか否かが焦点。

tkptrenko

練行足は 陽転継続。

金標準先物(チャート分析)

tkgmac

本日の金先限は、反発。MACでは、9日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(6227円)〜HMA(6309円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

tkgichimoku

9月17日の下ヒゲ安値(6160円)が2番底候補。終値ベースで、同水準を維持できるか否かが焦点。9月末〜10月初旬にかけて、変化が起こりやすい雲のねじれが控える。

CapD20210924

 本日からテクニカル的なダマシが多いとされる水星の逆行期にも入る。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャ−バンドでは、バンドウォーク形成中。価格帯別出来高の厚い6350円〜6420円が上値抵抗帯。

TKGWEEKLY52

52週移動平均を週末終値ベースで、回復できるか否かが焦点。

日経225(チャート分析)

225mac

本日の日経225は、反発。MACでは、22日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(29860円)〜HMA(30270円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

225ichimoku

基準線が下値支持。休場前のつつみ足を上放れで、転換線〜心理的節目3万円を回復。

225renko

練行足は陽転。

ゴムRSS3号先物(チャート分析)

tkrmac

本日のゴム先限(RSS3)は、続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。週明け、終値ベースで、HMA(204.5円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。

tkrichimoku

2月高値を起点とした下降チャネル継続。基準線が上値抵抗。

tkrrenko

練行足は 陽転継続。

白金標準先物(チャート分析)

tkptmac

本日の白金先限は、続伸。MACでは、買いのセットアップとなった。週明け、終値ベースでHMA(3405円)を上抜くと、買いのトリガーヒットとなる。ネックラインと重なる3650円水準が上値抵抗。

tkptichimoku

ストキャスティクスはゴールデンクロス。基準線〜転換線を上抜き、上げ加速も、心理的節目3500円で上値が抑えられて、上ヒゲ形成。2月高値を起点とする下降チャネル継続。

tkptrenko

練行足は 陽転継続。

金標準先物(チャート分析)

tkgmac

本日の金先限は、反落。MACでは、9日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(6241
円)〜HMA(6321円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

tkgichimoku

9月17日の下ヒゲ安値(6160円)が2番底候補。終値ベースで、同水準を維持できるか否かが焦点。9月末〜10月初旬にかけて、雲のねじれが控える。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャ−バンドでは、バンドウォーク形成中。価格帯別出来高の厚い6350円〜6420円が上値抵抗帯。

TKG52

52週移動平均は回復できず。

日経225(チャート分析)

225mac

本日の日経225は、続落。MACでは、売りのトリガーヒットとなった。LMA(29880円)〜HMA(30280円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調入り。

225ichimoku

基準線が下値支持。14日の十字線高値と15日の十字線安値のレンジを下放れで下げ加速。つつみ足形成。ストキャスティクスはデッドクロス。

225renko

練行足は陰転。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ