チャートワンポイント

東京原油(チャート分析)

tkoil

 本日の東京原油は続伸。MACでは、5日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(41340円)〜HMA(42210円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続継続。
tkoilichimoku

 2018年12月安値を中心とした左右相似形からの放れ待ち。上値目標は、V=44110円。N=48310円、E=50650円。 一目均衡の雲を終値ベースで上抜くと強気感増す。RSIは上昇中も、過熱感のある水準ではない。ただし、十字線で引けており、終値ベースで十字線レンジを下放れた場合は、短期調整が予想される。反対に十字線レンジ上放れなら、上げ加速へ。
tkoilrenko

 練行足は陽転継続。


東京ゴム(チャート分析)

TKRMAC

 本日の東京ゴムは反落。MACでは、14日のヒットした買いのトリガー継続。LMA(178.9円)〜HMA(182.9円)を下値支持帯とした押し目買い基調。
tkr

 一目均衡表では、基準線が上値抵抗として機能した。三尊の右肩(1/9高値)で抑えられて、改めて左肩を形成する展開。ネックライン(1/29安値)を割り込むと、下げ加速となる。
tkrrenko

 練行足は陽転。

東京白金(チャート分析)

tkpt

 本日の東京白金は続落。MACでは、2月8日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(2822円)〜HMA(2869円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。
TKPTHL

 20日間安値(1/4:2762円)を割り込むと、トレンドフォロー型の追撃売りが入りやすい。

東京金(チャート分析)

tkg

 本日の東京金は続落。MACでは、18日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(4619円)〜HMA(4641円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。
tkgichimoku

 8月安値を起点とした上昇チャネル継続。基準線〜転換線が下値支持帯。RSIが高水準の中、前日の十字線を割り込み、短期的には調整が予感される形状。
tkgrenko

 練行足は陽転中。

日経225(チャート分析)

225

 本日の日経225先物は続落。MACでは、13日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(20670円)〜HMA(20990円)を下値支持帯とした上昇トレンド形成中。
225ichimoku

 一目均衡表では、基準線〜転換線が下値支持帯。
225renko

 練行足は陰転。  

NY金(チャート分析)

nyg

 昨晩のNY金(4月限)は小反落も、基準線が下値支持として機能して陽線引け。2018年8月安値を起点とした上昇チャネル継続。

NY原油(チャート分析)

wti

 昨晩のNY原油(3月限)は、続伸。基準線〜転換線が下値支持帯として機能中。雲の上限の攻防戦へ。同水準を上抜くと強気感増す。最初のトライで、上抜け切れなくとも、雲の厚みは薄くなっる時間に向かうため、50ドル台維持なら、日柄経過と共に、雲の中(中立の時代)から雲の上限(強気の時代)に移行する。

NYダウ(チャート分析)

dow

 昨晩のNYダウは、小反落。ネックライン(2/8安値)を割り込むと、ダブルトップが意識される形状。200日移動平均線が下値支持。

ドル円(チャート分析)

yen

 ドル円は反落。200日移動平均線が上値抵抗として意識された。ストキャスティクスは、デッドクロス。基準線〜転換線が下値支持帯。1月3日安値を起点とした上昇チャネルは基準線を維持する限り、継続する。

ドル円(チャート分析)

yen

 ドル円は続伸。三角保合い上放れから、上げ加速の流れが継続。200日移動平均線を試す流れへ。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ