チャートワンポイント

東京原油(チャート分析)

tkoilmac

本日の東京原油は続落。MACでは、売りのトリガーヒットとなった。LMA(37790円)〜HMA(38670円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調入り。
tkoilichimoku

 基準線〜転換線が上値抵抗帯に変化。心理的節目35000円を維持できるか否かが焦点。
tkoilrenko

 練行足は陰転継続。

東京ゴム(チャート分析)

tkrmac

本日の東京ゴムは続落。MACでは、14日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(182.6円)〜HMA(186.0円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。
tkrichimoku

心理的節目170円〜165.5円が支持帯として機能中。雲の下限が上値抵抗。雲の厚みが薄くなる時間帯に移行。
tkrrenko

 練行足は陰転継続。

東京白金(チャート分析)

tkptmac

本日の東京白金は、大幅続落。MACでは、売りのセットアップとなった。明日、終値ベースでLMA(3428円)を割り込むと、売りのトリガーヒットとなる。
tkptichimoku

三尊のネックラインと重なる雲を割込み、下げ加速。雲が上値抵抗帯に変化。
tkptrenko

練行足は陰転継続。

東京金(チャート分析)

tkgmac

 本日の東京金は、続落。MACでは、2月14日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(5668円)〜HMA(5689円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。RSIは、高水準で短期的な買われ過ぎ感。
tkgichimoku

2019年5月安値を起点とする上昇チャネル継続。今週〜3月上旬にかけて変化が起こりやすい対等数が重なる。24日が新月。25日には上ヒゲ陰線で引けており、短期調整局面入り。RCIも短期的な買われ過ぎ感を示唆。
tkgrenko

 練行足は陰転。

日経225(チャート分析)

225

本日の日経225先物は、続落。MACでは、2月19日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(22980円)〜HMA(23570円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調継続。
225ichimoku

24500円〜25000円水準が上値抵抗帯。2019年8月安値を起点とした上昇チャネル割れ。
2019年8月安値〜2020年1月高値までの上昇に対する半値押し達成。陰線ながら下ヒゲ形成で押し目買い意欲も。
225r

練行足は陰転継続。

NY原油(チャート分析)

wti

 NY原油(4月限)は、大幅続落。終値ベースで、心理的節目50ドルを維持できず。200日移動平均線〜基準線が上値抵抗帯として機能した。心理的節目50ドルを早々に回復できるか否かが焦点。回復できれば、50ドル水準での底値固め。50ドルを回復できないようだと、同水準が上値抵抗とに変化して、改めて下値探りへ。

NY白金(チャート分析)

nyptdaily

 NY白金(4月限)は大幅続落。ネックラインと重なる雲を割り込み下げ加速となった。パターン分析では、逆三尊完成。心理的節目900ドルを試す流れ。一目均衡表からの下値目標は、V=887.6ドル、E=861.9ドルがカウント可能。

NY金(チャート分析)

nyg

 NY金(4月限)は、反落。一陰介在十二陽連で短期的な買われ過ぎ感が強かった。24日の上ヒゲ高値を付けた日は、出来高も急増。心理的節目1700ドルが上値抵抗として機能し、一旦は目先の高値を付けた可能性も。
 基準線〜転換線が下値支持帯。2019年5月安値を起点とした上昇チャネルは継続のまま。

東京原油(チャート分析)

tkoilmac

 本日の東京原油は反落。MACでは、売りのセットアップとなった。明日、終値ベースで、LMA(37900円)を割り込むと、売りのトリガーヒットとなる。
tkoilichimoku

 2020年1月高値〜2月安値までの下げ幅に対する38.2%戻し(39260円)達成。ネックラインを再度、上抜くことができるか否かが焦点。
tkoilrenko

 練行足は陰転。

東京ゴム(チャート分析)

tkrmac

 本日の東京ゴムは反落も、押し目は買われて長い下ヒゲ陽線引け。MACでは、14日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(182.5円)〜HMA(185.1円)を下値支持帯とした上昇トレンド継続。
tkrichimoku

 心理的節目170円〜165.5円が支持帯として機能中。雲の下限が上値抵抗。
tkrrenko

 練行足は陰転。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ