チャートワンポイント

JPX金(チャート分析)

tkgmac

本日のJPX金先限は、急反落。MACでは、5月31日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(7870円)〜HMA(7991円)を下値支持帯とした押し目買い基調。終値ベースで、LMAを維持できるか否かが焦点。

tkgichimoku

4月高値を起点とした下降トレンドが上値抵抗として機能中。雲のねじれの時間でのトレンド変化(加速or転換)に注目。6月17日の下ヒゲ安値(7729円)がネックライン。同水準を明確に割り込むと、ダブルトップが意識される。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドは、+1σを維持できず。21MAの攻防戦。

tkghl

20日間高値を更新でトレンドフォロー型指標は陽転中だが、10日間安値が7729円で、同水準を割り込むと、ポジションは中立となる。20日間安値は7527円にあり、途転売りに至るには、まだ距離(値幅)がある状態。

tkgweekly

週足では、5月安値がネックライン。4月高値が上値抵抗となり、2番天井を形成中。ネックラインを割れば、ダブルトップ完成。ネックライン維持なら、レンジ放れ待ちへ移行する。

NY金(テクニカル分析レポート)

日産証券お客様メニューテクニカル分析レポートで
「NY金」更新しました。

円建て金のトレンドを考える上で、マザーマーケットのNY市場の現状・トレンド認識を知ることは重要。

日経225(チャート分析)

225mac

本日の日経225は小反発。26000円回復。MACでは、14日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(25920円)〜HMA(26820円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

225ichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗。雲の厚みが薄くなる時間帯で、雲が支持線としても抵抗線としても信頼性が落ちる時間。

225renko

練行足は陽転継続。

JPX白金(チャート分析)

tkptmac

本日のJPX白金は、反落。MACでは、14日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(3949円)〜HMA(4043円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

tkptichimoku

2021年9月安値を起点とした上昇チャネル継続。雲が下値支持帯。心理的節目4300円〜3月高値が上値抵抗。4月安値〜6月高値までの上昇に対する半値押しは3953円。雲の下限が下値支持として機能中。7月上旬に変化が起こり易い雲のねじれが控える。

tkptrenko

練行足は陰転継続。

JPX金(チャート分析)

TKGMAX

本日のJPX金先限は、小幅続伸。MACでは、5月31日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(7863円)〜HMA(7988円)を下値支持帯とした押し目買い基調。

tkgichimoku

雲の上限が下値支持として機能中。同水準は、5月安値〜6月高値までの上昇に対する38.2%押しと重なる。4月高値を起点とした下降トレンドが上値抵抗。雲のねじれの時間に接近中。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドは、順張り型のバンドウォーク形成中。

NYG10

マザーマーケットのNY金が200日移動平均線(1850ドル水準)を中心とした狭い保合入りとなっているため、JPX金の上値も下値も限定的となっている。米10年債利回りが頭打ちとなるのか否か、3.000水準を維持するのか否かにも注目したい。

日経225(チャート分析)

225max

本日の日経225は反落。MACでは、14日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(26040円)〜HMA(27020円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

225ichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗。雲の厚みが薄くなる時間帯で、雲が支持線としても抵抗線としても信頼性が落ちる時間。ストキャスティクスは、ゴールデンクロス。

225renko

練行足は陽転。

JPX白金(チャート分析)

tkptmac

本日のJPX白金は、続伸。MACでは、14日日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(3953円)〜HMA(4062円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

tkptichimoku

2021年9月安値を起点とした上昇チャネル継続。雲が下値支持帯。心理的節目4300円〜3月高値が上値抵抗。4月安値〜6月高値までの上昇に対する半値押しは3953円。雲の下限が下値支持として機能中。7月上旬に変化が起こり易い雲のねじれが控える。

tkptrenko

練行足は陰転継続。

JPX金(チャート分析)

tkgmac

本日のJPX金先限は、反発。MACでは、5月31日にヒットした買いのトリガー継続。LMA(7852円)〜HMA(7983円)を下値支持帯とした押し目買い基調。

tkgichimoku

雲の上限が下値支持として機能中。同水準は、5月安値〜6月高値までの上昇に対する38.2%押しと重なる。4月高値を起点とした下降トレンドが上値抵抗。雲のねじれの時間に接近中。

tkgrenko

練行足は陰転継続。

tkgbb

ボリンジャーバンドは、順張り型のバンドウォーク形成中。

日経225(チャート分析)

225mac

本日の日経225は反発。MACでは、14日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(26240円)〜HMA(27190円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

225ichimoku

基準線〜転換線が上値抵抗。雲の厚みが薄くなる時間帯で、雲が支持線としても抵抗線としても信頼性が落ちる時間。ストキャスティクスは、ゴールデンクロス。

225renko

練行足は陽転。

JPX白金(チャート分析)

tkptmac

本日のJPX白金は、小反発。MACでは、14日日にヒットした売りのトリガー継続。LMA(3954円)〜HMA(4073円)を上値抵抗帯とした戻り売り基調。

tkptichimoku

2021年9月安値を起点とした上昇チャネル継続。雲が下値支持帯。心理的節目4300円〜3月高値が上値抵抗。4月安値〜6月高値までの上昇に対する半値押しは3953円。雲の下限が下値支持として機能中。

tkptrenko

練行足は陰転継続。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ