アストロ

金星逆行期

金星逆行期:3月4日〜4月15日。

5日:上弦の月。

12日:満月。

金星逆行

金星逆行期:3月4日〜4月15日。

・金融市場においては、この時期は多くの場合、困難で予測不能な環境になりやすい。

・一般にこの時期は、世界の株価にとって好ましい時期ではない。

・ほとんど全ての金融市場で、3月4日、または、4月15日前後10日間に大きく反転する可能性を予期した方が良いだろう。

・株式の場合、逆行開始近辺で天井を、順行日近辺で底を付けることが多い。

重要変化日(3月)

通貨(ドル円):2月22日〜3月6日

日経平均:3月3日。

ダウ:3月4日〜7日の週末。
         
貴金属:3月3日〜6日。
    
原油:3月1日。

穀物:3月3日〜6日。

地球に似た惑星、7個発見

 地球から39光年離れた恒星の周りに、地球に似た惑星が7個あるのを発見したと、ベルギーのリエージュ大や米航空宇宙局(NASA)の国際チームが22日付の英科学誌ネイチャーに発表。

 大きさや重さ、温度が地球に近く、水や大気が存在して生命を育むことができる地球型惑星の可能性がある。同様な惑星は太陽系外で多く見つかっているが、一つの恒星系で7個も見つかるのは珍しい。

重要変化日(2月)

通貨(ドル円):2月27日〜28日(22日〜3月6日)

日経平均:1月27日。

ダウ:2月27日〜28日。
         
貴金属:2月27日〜28日(3月3日〜6日)。
    
原油:2月10日。

穀物:1月27〜30日。

満月

5cc70208.jpg

本日は「満月」。

大統領選挙以降、急速な勢いだったトランプラリーも転換点。

満ちたものは欠けるのが相場。

水星逆行終了

2016年12月19日〜水星逆行が始まっていたが、1月8日に逆行が終了する。

水星逆行期間は、金融・商品市場が、しばしば煮え切らない動きを取り、トレンドが不透明になる。テクニカル分析やパターン分析が無効・ダマシが多いなどの特徴があるが、逆行終了となると、トレンドが明確になっていくかもしれない。

ちなみに、今年の水星逆行明けは連休と重なる。

連休前後で、相場付きがガラリと変わる可能性にも注意したい。

重要変化日(1月)

通貨(ドル円):1月3日(2016年12月26日〜2017年1月11日)

日経平均:1月2±1週間。

ダウ:1月2日(2016年12月26日〜2017年1月3日)
         
貴金属:1月2日。
    
原油:1月2日(2016年12月26日〜2017年1月3日)

穀物:1月6〜9日。

重要変化日(1月)

通貨(ドル円):1月3日(2016年12月26日〜2017年1月11日)

日経平均:1月2±1週間。

ダウ:1月2日(2016年12月26日〜2017年1月3日)
         
貴金属:1月2日。
    
原油:1月2日(2016年12月26日〜2017年1月3日)

穀物:1月6〜9日。

暗黒物質

 宇宙に存在するとされながら見つかっていない「暗黒物質」の証拠を、米欧などの国際チームが発見した可能性があることが8日、分かった。国際宇宙ステーション(ISS)で観測したもので、9日に発表予定。

 発見が確定すればノーベル賞級の成果となる。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ