アストロ

重要変化日(6月)

通貨(ドル円):6月2日〜5日。

日経平均:6月2日。

ダウ:6月2日。
         
貴金属:6月7日。
    
原油:6月7日(6月2〜12日)。

穀物:5月26〜30日。

重要変化日(5月・6月)

通貨(ドル円):6月2日〜5日。

日経平均:6月2日。

ダウ:6月2日。
         
貴金属:6月7日。
    
原油:5月12日。6月7日(6月2〜12日)。

穀物:5月26〜30日。

重要変化日(4月)

通貨(ドル円):4月15日(±6暦日)

日経平均:4月15日(±1週間)。

ダウ:4月10日(8〜21日)。
         
貴金属:4月10日(4月8日〜17日)。
    
原油:4月5日。

穀物:4月14〜17日(8日〜21日)。

重要変化日(4月)

通貨(ドル円):4月15日(±6暦日)

日経平均:4月15日(±1週間)。

ダウ:4月10日(8〜21日)。
         
貴金属:4月10日(4月8日〜17日)。
    
原油:4月5日。

穀物:4月14〜17日(8日〜21日)。

重要変化日(4月)

通貨(ドル円):4月15日±6暦日。

日経平均:4月15日±1週間。

ダウ:4月10日。4月8日〜21日。
         
貴金属:4月8日〜17日。4月10日。
    
原油:4月5日。

穀物:4月8〜21日。4月14日〜17日。

12日が満月

CapD20170309_1

先週からの急速な3月利上げ観測の高まりだが、依然としてドル円は115円を上抜けず。一目均衡表の雲のねじれで、上げ加速には至らず。ADP雇用統計の数字が強すぎたが故に、週末の雇用統計でも、ADP以上の強気の数字は期待し難い。
CapD20170309

 そうすると、3月利上げは、既に織り込み済み。ドル円の上値は限定的、織り込み度合いの低いと見られるNY株価の下落幅は大きくなると言うシナリオも想定しておきたい。

 3月12日は満月。商品市場においては、安値の節目を付けやすい時間帯である。

 3月利上げを織り込みながら下落した金の安値は、中長期的な買い場を提供する可能性もあろう。

金星逆行期

金星逆行期:3月4日〜4月15日。

5日:上弦の月。

12日:満月。

金星逆行

金星逆行期:3月4日〜4月15日。

・金融市場においては、この時期は多くの場合、困難で予測不能な環境になりやすい。

・一般にこの時期は、世界の株価にとって好ましい時期ではない。

・ほとんど全ての金融市場で、3月4日、または、4月15日前後10日間に大きく反転する可能性を予期した方が良いだろう。

・株式の場合、逆行開始近辺で天井を、順行日近辺で底を付けることが多い。

重要変化日(3月)

通貨(ドル円):2月22日〜3月6日

日経平均:3月3日。

ダウ:3月4日〜7日の週末。
         
貴金属:3月3日〜6日。
    
原油:3月1日。

穀物:3月3日〜6日。

地球に似た惑星、7個発見

 地球から39光年離れた恒星の周りに、地球に似た惑星が7個あるのを発見したと、ベルギーのリエージュ大や米航空宇宙局(NASA)の国際チームが22日付の英科学誌ネイチャーに発表。

 大きさや重さ、温度が地球に近く、水や大気が存在して生命を育むことができる地球型惑星の可能性がある。同様な惑星は太陽系外で多く見つかっているが、一つの恒星系で7個も見つかるのは珍しい。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ