旗は鳴る鳴る ラッパは響く

香港長官、北京訪問

 香港の林鄭月娥行政長官は10日の記者会見で、14日から北京を訪問し、香港の状況に関する定例報告を行うと発表。16日に習主席と李克強首相に会う見通し。

 香港では週末も、主催者発表で80万人参加の大規模デモが行われた。林鄭長官は10日、デモ隊の掲げる「五大要求」のうち「逮捕者の無罪放免」について、「法治の精神に反することで受け入れられない」と強調。デモ隊の要求については「回答済み」との認識を改めて示した。

エルニーニョ監視速報

 気象庁は11日、エルニーニョ監視速報で「今後春にかけ、エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高い(60%)」と発表。


日米協定、来年1月1日に発効

政府は10日の閣議で、日米2国間の貿易協定とデジタル貿易協定に関する国内手続きが完了したことを米国に通告すると決定。同日中に相互に通告する。

来年1月1日発効予定。

中国CPI、PPI

11月の中国CPI、前年比4.5%上昇

11月の中国PPI、前年同月比1.4%低下

新車販売台数(中国)

中国自動車業界団体、全国乗用車市場情報聯席会(乗聯会)が9日発表した11月のセダン、スポーツ用多目的車(SUV)、多目的車(MPV)の新車販売台数(小売りベース)は前年同月比4.1%減の193万6759台と、5カ月連続でマイナスを記録。

週間輸出検証高(12月5日までの一週間)

ex-soybean2

大豆:132万7042トン(前週改定値:157万5749トン)

ex-corn2

コーン:48万1097トン(前週改定値:43万9633トン)

小 麦:31万3810トン(前週改定値:33万4904トン)

米コーン週間作物進度報告(12月8日までの週)

corn43

収穫率:92%(前週89%、前年100%、平年100%)

7〜9月期の国内総生産(GDP改定値)

内閣府が9日発表した2019年7〜9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%増、この成長ペースが1年続いた場合の年率換算では1.8%増となった。
速報値(前期比0.1%増、年率0.2%増)から上方修正された。

中国原油輸入量(11月)

11月の中国原油輸入量(日量ベース)が過去最高となった。製油業者が高い稼働率で年間の輸入枠を使い切ろうとしていることが背景。

 中国海関総署が8日公表したデータによると、同国は4574万トン(日量1113万バレル相当)の原油を輸入。
前月は日量1072万バレル、昨年11月は同961万バレルだった。

 今年1月〜11月、中国は前年同期比10.4%増の計4億6188万トン(日量1009万バレル)の原油を購入。

 税関データによると、中国は11月、731万トン(前年同月比63.5%増)の精製石油製品を海外に売却。今年1〜11月では、6022万トン(前年同期比14.2%増)を輸出した。

非常に重大な実験実施(北朝鮮)

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の国防科学院報道官は8日、北西部・東倉里にある「西海衛星発射場」で7日午後に「非常に重大な実験が行われた」と発表。

大陸間弾道ミサイル(ICBM)に使われるエンジン燃焼実験の可能性も。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ