旗は鳴る鳴る ラッパは響く

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
14:00日本1月景気先行指数(CI)・改定値  
14:00日本1月景気一致指数(CI)・改定値  
17:30独国3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 56.5
17:30独国3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 54.6
18:00ユーロ3月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 55.3
18:00ユーロ3月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 55.3
21:30米国2月耐久財受注[前月比]+1.2%
28:30米国前週分CFTC建玉明細  
納会日本---東京ガソ・灯・軽・中京ガソ・中京灯2017年4月限納会日  

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想結果
16:00独国4月GFK消費者信頼感調査 10.09.8
18:30英国2月小売売上高指数[前月比] +1.4%
21:30米国前週分新規失業保険申請件数 24.0万件25.8万件
23:00米国2月新築住宅販売件数[年率換算件数]56.5万件59.2万件
24:00ユーロ3月消費者信頼感(速報値) -5.70-5.0

新築一戸建て住宅販売件数

 米商務省は23日、2月の新築一戸建て住宅販売件数が季節調整済み年換算で59万2000戸と、前月比6.1%増加したと発表。市場予想(56万5000戸)を上回った。前年同月比では12.8%増加。

 1月の当初発表の55万5000戸から55万8000戸に上向き改定された。

新規失業保険申請

米新規失業保険申請件数

 米労働省は23日、18日までの1週間の新規失業保険申請が季節調整済みで25万8000件と、前週比1万5000件増加したと発表。市場予想(24万件)を上回った。前週は当初発表の24万1000件から24万3000件に上向き改定。

米新規失業保険申請件数(4週移動平均)

 同申請件数の4週間平均は24万件と、前週から1000件増加。
季節調整前では22万5105件と前週比2878件増加。

オバマケア代替法案採決を見送り

米下院本会議はオバマケア代替法案の23日中の採決を見送った。
与党共和党の保守派議員などとの話し合いが進まず、調整が難航している。
同法案の成立が遅れれば減税などの景気刺激策の審議が後ずれする公算が大きい。

朝鮮半島リスクに備えたい

「朝鮮半島リスクに備えたい」と題したコラムを寄稿しました。

参考にして頂ければと思います。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)

 アジアインフラ投資銀行(AIIB)は23日、13カ国・地域の追加加盟を承認したと発表。

 創設メンバー57カ国と合わせ70カ国・地域に拡大。

 2016年の業務開始から1年で、日米率いるアジア開発銀行(ADB)の67を上回った。

 カナダも加わり、先進7カ国(G7)で未加盟は、日米だけ。

レギュラーガソリン小売価格

 資源エネルギー庁が23日発表した石油製品価格調査によると、21日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比0.3円高の133.8円。4週連続の値上がり。

石油連盟週報

23日発表の石油連盟週報(12〜18日)によると、

週末在庫は、 
paj-gs

ガソリンが、前週比2.5%増の173万5461キロリットル。

paj-kr

灯油が、前週比1.7%減の121万3097キロリットル。

週間原油処理量は、0.6%減の368万3363キロリットル。

出荷量は、
 ガソリンが、前週比8.7%増の94万0794キロリットル。
 灯油が、前週比25.6%減の34万5804キロリットル。

英のソブリン格付け(ムーディーズ)

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは22日、英国のソブリン格付けの見通しについて、欧州連合(EU)離脱の際に、メイ政権の意向に沿った通商協定で合意できるかが焦点になるとの認識を示した。

 ただ、「明らかな下方リスクがある」と指摘。「こうしたリスクには、2年間の離脱交渉期限までに新たな、もしくは暫定的な通商協定で合意できない可能性や、さらに大きな悪影響をもたらす予想外の交渉決裂の可能性が含まれる」と説明。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ