旗は鳴る鳴る ラッパは響く

レギュラーガソリン小売価格(全国平均)

店頭価格推移(全国平均、週間)

資源エネルギー庁が24日発表した石油製品価格調査によると、22日現在のレギュラーガソリン1リットル当たりの小売価格(全国平均)は、前週比0.5円安の132.2円。

5週連続の値下がりとなった。

石油連盟週報

24日発表の石油連盟週報(14〜20日)によると、

週末在庫は、 
国内ガソリン在庫

ガソリンが、前週比2.6%増の188万9411キロリットル。

国内灯油在庫

灯油が、前週比5.3%増の124万7118キロリットル。

週間原油処理量は、1.8%減の333万0342キロリットル。

出荷量は、
 ガソリンが、前週比3.7%増の93万5402キロリットル。
 灯油が、前週比3.0%減の14万850キロリットル。

テロ脅威レベル引き上げ

英中部マンチェスターのコンサート会場で22人が死亡した自爆攻撃が発生したことを受けて、テリーザ・メイ首相は23日、テロ脅威レベルを5段階のうち最高の「危機的(critical)」に引き上げたと発表。

これは新たな襲撃が差し迫っていることを意味する水準で、武装警察を支援するため軍の兵士が展開する。

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
15:00独国6月GFK消費者信頼感調査 10.2
22:00米国3月住宅価格指数[前月比] 
22:00米国1-3月期四半期住宅価格指数[前期比] 
23:00米国4月中古住宅販売件数[年率換算件数]565万件
23:30米国前週分EIA週間石油在庫統計  
27:00米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨  

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想結果
13:30日本3月全産業活動指数[前月比] -0.6%
15:00独国1-3月期国内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] +1.7%
17:00独国5月IFO企業景況感指数  114.6
23:00米国4月新築住宅販売件数[年率換算件数]61.1万件56.9万件
23:00米国5月リッチモンド連銀製造業指数  1

18会計年度の予算教書を提出

・10年間で3.6兆億ドルの歳出削減に取り組む。

・21年以降は3%成長を実現。10年後に財政収支を黒字化。

・インフラ投資は10年間で計2千億ドルを投じる。

・インフラ投資は10年間で総額1兆ドルとした目標の8割は民間資金で賄う方針。

・歳出削減策では、オバマケアの見直しと低所得者向けメディ ケイドの支出を大幅に削減。

・連邦政府の累積債務は27年度にGDP比60%を下回る。

・国防費は18年度に540億ドル増やす。

・地球温暖化対策などの予算は削減。

・メキシコ国境の壁建設する費用として16億ドルを投じる。

・法人税率を現行の35%から15%に引き下げる。

・所得税は10、25、35%の3段階に簡素化。

ムニューシン米財務長官

ムニューシン米財務長官は23日、ワシントンでの討論会で、トランプ政権が4月末に打ち出した税制改革で含めなかった、輸入への課税を強化する法人税の「国境調整」について、「消費者が打撃を受け、通貨の移動を招く恐れがある」との認識を示した。

 国境調整は共和党が提案した課税策。ムニューシン氏は、国境調整による税収効果と、輸入物品の値上がりによる国内消費者への影響、外国為替相場が変動するリスクを考慮する必要があるとの認識を示した。

 ムニューシン氏はまた、税制改革が実現するめどについて「年内を期待している。(当初説明していた)8月まではできない」と改めて語った。

 2018会計年度予算教書については、投資を促し成長と雇用拡大を実現する狙いだと強調。トランプ大統領が否定的な見解を示していた社会保障費歳出の抑制を盛り込んだことには、「(拡大し続ける)医療保険費を制御することが目的だ」と説明。

威嚇射撃

韓国軍は23日、北朝鮮から軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)を越えて領空内に侵入してきた飛翔体に向け、威嚇射撃を実施したと発表。

独Ifo景況感指数

ドイツ IFO 業況指数1

ドイツIfo景況感指数(5月):114.6

事前予想:113.1 
前回:113.0(112.9より修正)

マーケット・トレンド

昨日は、日経CNBCに続いて、夕方からラジオ日経「マーケット・トレンド」でした。

オンデマンドで視聴可能です。

地政学リスク(北朝鮮・中東)や、OPEC総会を受けての原油見通しなどをお話しています。


参考にして頂ければと思います。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ