旗は鳴る鳴る ラッパは響く

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事前回事前
予想
8:30日本9月全国コア CPI (前年比)0.9%1.0%
8:30日本9月全国 CPI 総合 (前年比)1.3% 
11:00中国9月固定資産投資 (前年比)5.3%5.3%
11:00中国9月鉱工業生産 (前年比)6.1%6.0%
11:00中国9月小売売上高 (前年比)9.0%9.0%
11:00中国Q3GDP (前年比)6.7%6.6%
17:00ユーロ圏8月経常収支 (EUR) 原数値31.9 (十億) 
17:00ユーロ圏8月経常収支 (EUR) 季調値21.3 (十億) 
23:00米国9月中古住宅販売戸数5.34 (百万)5.30 (百万)
28:30米国前週分CFTC建玉明細  

John Normandの見方(JPモルガン)

「債券市場の挙動やその波及を見ると、これが(景気)サイクル終期のダイナミクスの兆候であることがわかる。
これは来年にかけて市場ボラティリティを押し上げ、株式を除くほとんどの市場を現金よりアンダーパフォームさせ続けるだろう。ファンダメンタルズとバリュエーションの面で、サイクル終期の脆弱性が高まっている。」

「もしも私たちの予想が正しく、FRBが2019年を通して四半期ごとに利上げするなら、実質金利は2019年半ばすぎにレッド・ゾーンに入る。米10年債利回りで言えば、実質金利が1.5%超、今の水準より約50 bps上昇すれば、株式リスク・プレミアム(PERの逆数)は長期平均まで圧縮され、株式の相対的な魅力を減じてしまう。」


Bloomberg

マーク・ファーバーの見方

「まだこれをクラッシュとは呼ばない。クラッシュが起きた一例は1987年で、ダウ平均は1日だけで21%下落した。
米市場はピークから現在まで7%下げたが、S&Pは2009年の666から現在の2,900まで上げた後なのだから、これはないも同じ。今回の調整はたいして重大なものでないが、これから重大なものになるかもしれない。」

「中国を攻撃し、貿易戦争だけでなく、米国の最大の貿易相手国であり米国の資産・債券・株式・もちろん不動産の大口の買い手である中国と対立するのは本当に悪いアイデアだ。このアイデアが世界中の金融市場を混乱させ、下方に調整している。」

バイロン・ウィーンの見方

「米10年債は3.25%近辺が今年のピーク、おそらく来年は3.50%と予想している。 インフレは抑制され、CPIは2%は超えるが2.5%まではいかないだろう。 両方とも抑制されているので、恐れるべき水準まではいかない。」

「これまでFF金利は歴史的水準より大きく低位にあったので、FRBは歴史的水準に近い水準に近づけようとしている。正しい政策であり、経済はこれに耐えるだろう。」

「新興国市場へのエントリーを狙うのは正しいことで、同市場は本当に過小評価されている。 そのタイミングの前に、ドルが安定化するのが条件だ。」

「悲観が高まっているが、これは誤りだと思う。今年ほどではないかもしれないが、来年もいい年になるだろう。」

週末までに

 サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコにあるサウジ総領事館で殺害された疑惑で、トランプ米大統領は17日、ホワイトハウスで記者団に「(真相は)週末までに恐らく分かる」との見通しを示した。

半期為替報告書

米財務省は17日、半期に一度の外国為替報告書を発表した。対中貿易赤字の削減に向け輸入関税を導入する中、中国やその他の貿易パートナーを為替操作国に認定するのは見送った 同省は最近の中国人民元の下落は米国の貿易赤字の増幅につながる見込みだとした上で、中国による直接的な為替介入は限定的との見解を示した。

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事前回事前
予想
8:50日本9月輸出 (前年比)6.6%1.9%
8:50日本9月輸入 (前年比)15.4%13.7%
8:50日本9月貿易収支-444.6 (十億)-50.0 (十億)
17:30英国9月小売売上高 (前年比)3.3%3.6%
21:30米国10月8日, 週次新規失業保険申請件数214 (千)212 (千)
21:30米国10月フィラデルフィア連銀業況指数22.920.0
21:30米国前週分USDA 輸出成約高  
---------EU首脳会議(〜19日。ブリュッセル)  

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事前回事前
予想
結果
17:30英国9月コア CPI (前年比)2.1% 1.9%
17:30英国9月CPI (前年比)2.7% 2.4%
17:30英国9月小売物価指数 (前年比)3.5% 3.3%
17:30英国9月PPI 投入指数 (前年比) 原数値8.7% 10.3%
17:30英国9月PPI 出荷価格 (前年比) 原数値2.9% 3.1%
17:30英国9月PPI コア産出指数 (前年比) 原数値2.1% 2.4%
18:00ユーロ圏9月CPI 改定値 (前年比)2.1%2.1%2.1%
21:30米国9月建設許可件数1.249 (百万)1.280 (百万)1.241 (百万)
21:30米国9月住宅着工件数1.282 (百万)1.240 (百万)1.201 (百万)

米住宅着工件数

米国 住宅着工件数(季調値) 1
 9月の住宅着工件数は、季節調整後の年換算で120万1000戸となり、前月比5.3%減少。マイナスは3カ月ぶり(改定後)。
先行指標である住宅着工許可件数は124万1000戸と、0.6%の減少。

米エネルギー情報局(EIA)週間在庫統計

EIA原油在庫
原油:4億1640万バレル(前週比650万バレル増)

EIAガソリン在庫
ガソリン:2億3420万バレル(同200万バレル減)

EIAディスティレート在庫
ディスティレート(留出油):1億3260万バレル(同80万バレル減)
 
EIA ヒーティングオイル在庫
うちヒーティングオイル(暖房用油):1070万バレル
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ