旗は鳴る鳴る ラッパは響く

米農務省需給報告(コーン)

米国の19/20年度需給見通しは供給が前月予測と同量に据え置かれた。需要は飼料用がわずかに下方修正、食品・種・工業用がわずかに上方修正された。

米国の20/21年度の需給予測は供給項目は前月と同量の161億2700万Buに据え置かれたが、一方の需要は飼料用が5000万Bu引き上げられた57億Bu、エタノール生産用需要が2500万Bu引き上げられた49億7500万Bu、輸出用需要が7500万Bu引き上げられた26億7500万Buとされた。そのため、期末在庫量は前月予測の15億0200万BUから13億5200万Buに、そして期末在庫率は10.3%から9.2%へ下方修正された。

20/21年度の世界のコーン需給については、EUの生産量予測の引き上げを受けて、世界総生産量予測は前月時点の11億3631万トンから11億3705万トンに引き上げられたが、総需要予測が前月予測の11億5177万トンから11億5619万トンに引き上げられたため、期末在庫量予測は前月時点の2億8767万トンから2億8385万トンへ下方修正された。

アルゼンチンの生産量予測は前月時点の4750万トンから4700万トンへの引き下げにとどまったほか、ブラジルの生産量予測は1億0900万トンで据え置かれた。

米農務省需給報告(大豆)

米国の19/20年度の需給見通しは全項目が前月と同量に据え置き。

20/21年度は圧砕用需要予測が1億Bu、種子用需要予測が200万Bu、それぞれ下方修正、その他の需要の下方修正もあったが、輸出用需要予測の上方修正に相殺されたたため、期末在庫量予測は前月と同量の1億2000万Buに据え置かれた。
 
一方の20/21年度の世界需給は、世界生産量予測は前月予測の3億6182万トンから3億6319万トンに上方修正。ブラジルの生産量予測が200万トン引き上げられたことが主因だった。なお、アルゼンチンの生産量予測は4750万トンで据え置かれた。
需要予測は、中国の需要予測が前月時点から200万トン引き下げられたことが主因となり、前月時点の3億7131万トンから3億6955万トンに引き下げられたため、期末在庫量予測は前月の8374万トンから8687万トンに引き上げられた。

SPDRゴールドの現物保有高

 9日のSPDRゴールドの現物保有高は、前日比変わらずの1026.07トン。

新エネルギー車(NEV)購入台数

中国山東省は8日、2020年に同省内で電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車、燃料電池車を含む新エネルギー車(NEV)の購入台数が前年比49.1%増となったと発表。

20年末時点の省内のEV保有台数は40万5000台と、省別で全国3位。

水素燃料供給ステーション着工(重慶市)

中国重慶市で8日、同市で初となる水素燃料供給ステーション3カ所が同時着工。

3カ所のうち2カ所は同国石油大手の中国石油天然気(CNPC)、1カ所は中国石油化工(シノペック)傘下の現地企業が建設する。

3ケ所の1日当たりの水素供給能力は各1トン。稼働すれば1日に水素を燃料とする路線バス約300台、または公的な輸送車両480台分の需要を満たす供給量となる。

今晩の注目スケジュール

23:00 カプラン・ダラス連銀総裁、バーチャル会合に参加、質疑応答

10日
1:00 カプラン・ダラス連銀総裁、バーチャル会合に参加、質疑応答


バイデン米大統領、2022年度予算教書一部発表

テドロスWHO事務局長、記者会見

ラニーニャ現象(NWS)

 米気象予報機関(NWS)の気象予報センター(CPC)は8日、北半球でのラニーニャ現象は来月頃には終わり、2021年5〜7月が、ラニーニャにもエルニーニョにも陥らない可能性は約80%と発表。

燃料電池車(FCV)拡大(北京市)

北京市は2025年までに燃料電池車(FCV)を1万台に増やす方針を掲げた。
燃料を供給する「水素ステーション」についても、74カ所で整備する。中国政府は、60年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現を目指しており、北京市として積極的に対応する。

FCVは22年の北京冬季五輪の会場などで活用する。

北京市は、このほど策定した25年までの開発計画で、市内の発電部門と交通部門で使う水素の利用量が23年までに日量50トン、25年までに135トンに増えると予想。

FCVの普及が進み、ディーゼル燃料を使ったトラックなどから置き換わることで、年間14万5000トンのディーゼル燃料使用量を減らせると見ている。

まん延防止等重点措置

 政府は9日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる「まん延防止等重点措置」の適用対象に東京、京都、沖縄の3都府県を追加すると決めた。

期間は12日からで、京都と沖縄は5月5日まで、東京は5月11日までに設定する。

中国CPI、PPI

cncpi

3月の中国CPI、前年同月比0.4%上昇

cnppi

3月の中国PPI、前年同月比4.4%上昇
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ