旗は鳴る鳴る ラッパは響く

米原油在庫事前予想

原油:前週比10万バレル減

ディスティレート:同110万バレル増

ガソリン:同150万バレル減

製油所稼働率:94.0%(前週比0.3ポイント低下)

米シェールオイル生産

米エネルギー情報局(EIA)は15日公表のリポートで、同国最大のシェールオイル生産地で、テキサス州とニューメキシコ州にまたがるパーミアン盆地の9月の産油量が日量7万9000バレル増の540万8000バレルと、過去最高に達するとの見通しを示した。

国内の主要シェール層全体の9月の産油量は日量14万1000バレル増の904万9000バレルと、2020年3月以来の高水準になる見込み。

ノールダコタ州とモンタナ州にまたがるバッケン層の9月の産油量は日量2万1000バレル増の115万7000バレルと、21年11月以来の高水準の見通し。

テキサス州イーグルフォード層も日量2万6000バレル増の123万バレルと、20年4月以来の高水準が見込まれている。

SPDRゴールドの現物保有高

goldETF1

goldETF2

 15日のSPDRゴールドの現物保有高は、前日比2.03トン減の993.94トン。

米大豆・週間作物進度報告(8月14日までの週)

soybean_ブル全米

開花:93%(前週89%、前年94%、平年93%)
soybean_着さや全米

着サヤ:74%(前週61%、前年80%、平年77%)
soybean_作柄全米

「良」以上:58%(前週 59% 前年57%)

「劣」以下:12%(前週 11% 前年15%)

米春小麦・週間作物進度報告(8月14日までの週)

wheat_春全米

「良」以上: 63%(前週 64% 前年11%)

「劣」以下:  6%(前週  8% 前年63%)

米コーン・週間作物進度報告(8月14日までの週)

corn_シル全米

シルキング:94%(前週 90% 前年 98%、平年97%)
corn_ドウ全米

ドウ:62%(前週 45% 前年 71%、平年65%)
corn_デント全米

デント:16%(前週  6% 前年 20%、平年20%)
corn_作柄全米

「良」以上: 57%(前週 58% 前年62%)

「劣」以下: 16%(前週 16% 前年13%)

週間純輸出検証高(8月11日までの週)

ex-soybean2

大豆:74万4571トン(前週改定値:87万1345トン)
ex-corn2

コーン:53万8406トン(前週改定値:55万5620トン)

小麦:37万3227トン(前週改定値:63万5720トン)

実質国内総生産(GDP)

4─6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.5%、年率換算でプラス2.2%。

民間最終消費支出は前期比プラス1.1%、民間設備投資は同プラス1.4%。

民間調査機関の事前予測では、予測中央値は前期比プラス0.6%、年率プラス2.5%。

中国マクロ経済指標

中国国家統計局が15日発表した7月の鉱工業生産は前年同月比3.8%増加したものの、6月の3.9%増から伸びが鈍化した。市場予想の4.6%増も大幅に下回った。

7月の小売売上高も前年比2.7%増と、伸び率は前月の3.1%を下回り、市場予想の5.0%に届かなかった。

1─7月の固定資産投資は前年比5.7%増加。1─6月は6.1%増、市場予想は6.2%増。

SPDRゴールドの現物保有高

goldETF1

goldETF2

12日のSPDRゴールドの現物保有高は、前日比1.45トン減の995.97トン。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ