旗は鳴る鳴る ラッパは響く

23、24両日に産油国理事会

 石油輸出国機構(OPEC)がロシアなど非加盟の産油国との協調減産合意に関して、9カ月間延長する方針に傾いている模様。ただ、予想外に需要が伸びれば、来年初めまで決定が先送りされる可能性もあるという。協調減産の期限は2018年3月。

 産油国は11月30日に開くOPEC総会に向け予備協議を進めている。
OPEC加盟国は今月23、24両日に理事会を開き、議論の進め方や選択肢に関して非公式に話し合う見通し。

中国GDP

中国国家統計局が19日発表した7〜9月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比6.8%増にとどまった。

伸び率は前期の6.9%をわずかに下回り、2016年1〜3月期以来、1年半ぶりに減速。
住宅バブルの抑制や環境対策が成長の下押し圧力となった。

米地区連銀経済報告

・成長ペースは緩慢ないし緩やか。

・労働市場はひっ迫しており、雇用拡大は緩やか。

・労働市場のひっ迫にもかかわらず、賃金上昇は緩やか。

・物価上昇圧力は依然緩い。コスト転嫁は限定的。

・家計支出は緩やかに上昇。

・車や旅行の販売が増加。

FRB議長人事を「数日内」に発表

 サンダース米大統領報道官は18日の記者会見で、大詰めを迎えている連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事に関し、トランプ大統領が「数日内」に発表すると明らかにした。

 トランプ氏は来年2月に任期満了となるイエレン議長と19日に面会し、続投について話し合うとみられている。

 このほか、パウエルFRB理事、テイラー・スタンフォード大教授、ウォーシュ元FRB理事、コーン国家経済会議(NEC)委員長が、最終候補者リストに残っているとされる。

イラク軍制圧

 イラク軍は18日、全域を制圧した北部の係争地キルクークに続き、クルド自治政府が実効支配していた地域で進軍を続けた。軍の声明では、キルクーク州に点在する油田を次々と掌握。また、クルド人自治区に隣接する北部ニナワ州、中部ディヤラ州でも展開を継続し、ニナワ州では第2の都市モスル近郊のダムを制圧。

 大きな衝突は伝えられていない。

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想結果
17:30英国9月失業保険申請件数 0.10万件0.17万件
17:30英国8月失業率(ILO基準) 4.3%4.3%
18:00ユーロ8月建設支出[前年同月比] +1.6%
21:30米国9月住宅着工件数[年率換算件数]117.5万件112.7万件
21:30米国9月建設許可件数[年率換算件数]125.0万件121.5万件

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
8:50日本9月貿易統計(通関ベース) 5598億円
11:00中国7-9月期四半期国内総生産(GDP)[前年同期比] 
11:00中国9月小売売上高[前年同月比]+10.2%
11:00中国9月鉱工業生産[前年同月比]+6.2%
13:30日本8月全産業活動指数[前月比] 
17:30英国9月小売売上高指数[前月比] 
21:30米国前週分USDA週間輸出成約高  
21:30米国前週分新規失業保険申請件数 24.0万件
21:30米国10月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 22.0
23:00米国9月景気先行指標総合指数[前月比]+0.1%

イラン最高指導者ハメネイ師

 イラン最高指導者ハメネイ師は18日、テヘランで演説し、トランプ米大統領がイラン核合意の変更も辞さない姿勢を表明したことに対し「無礼な米大統領の暴言や大うそに答えるのに時間を浪費したくない」と一蹴。

 トランプ氏の13日の発表を受け、ハメネイ師が反応したのは初めて。

 ハメネイ師は、米欧など6カ国とイランが2015年に結んだ核合意をあくまで順守すると強調した。
合意維持を求める欧州諸国の姿勢を歓迎しつつ、欧米の圧力に屈することなく弾道ミサイル開発は続けると表明。「(欧州は)イランの国防への介入をやめるべきだ。米国の弱い者いじめに加わってはいけない」と訴えた。

住宅着工件数

米国 住宅着工件数(季調値) 1

米商務省が18日発表した9月の住宅着工件数は、季節調整後の年換算で112万7000戸となり、前月比4.7%減少。

米国 建設許可件数(季調値) 1

先行指標である住宅着工許可件数は121万5000戸と、4.5%の減少。

南部を直撃した二つのハリケーン「ハービー」と「イルマ」の被害が示された。

米エネルギー情報局(EIA)週間米石油在庫

EIA原油在庫

原油:4億5650万バレル(前週比570万バレル減)

EIAガソリン在庫

ガソリン:2億2230万バレル(同90万バレル増)

EIAディスティレート在庫

ディスティレート(留出油):1億3450万バレル(同50万バレル増)

EIA ヒーティングオイル在庫

 うちヒーティングオイル(暖房用油):1160万バレル(同20万バレル増)
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ