旗は鳴る鳴る ラッパは響く

中国、北朝鮮に声明発表

中国の王毅外相は、北朝鮮に対し核・ミサイル開発に関する国連安全保障理事会決議に違反する行動をこれ以上とらないよう求める声明を発表した。

衆議院 テロ等準備罪新設法案を可決

衆議院 テロ等準備罪新設法案を本会議で可決

予算教書(戦略石油備蓄売却計画)

米国のSPR(戦略的石油備蓄)の推移
 
 トランプ米政権が23日に概要を公表した2018会計年度予算教書に、この先10年間の財政均衡策として、戦略石油備蓄(SPR)の半分の売却や、アラスカ州の北極圏にある国立野生生物保護区の石油開発承認が盛り込まれている。

 SPRは厳重な警備体制が敷かれたルイジアナ州とテキサス州の地下貯蔵施設に保管され、6億8800万バレル規模。予算教書は、18年度の売却で5億ドルの収入を見込んでいる。その後は数年にわたって売却収入が徐々に増加し、27年には約39億ドルのピークを迎えると予想。18〜27年の売却収入総額を166億ドルと推計している。

 また、北極圏の野生生物保護区を石油開発にリースすることで、今後10年間に18億ドルの収入獲得を目指すとしている。保護区の原油埋蔵量は豊富とみられているものの、政界では開発の是非をめぐる議論が1970年代から続いている。開発反対派は、原油流出のリスクや地球温暖化の要因になる恐れがあると指摘。

テクニカル分析「NY原油」

お客様メニューでテクニカル分析レポート「NY原油」を更新しました。

参考にして頂ければと思います。

予算教書

 2018会計年度(17年10月〜18年9月)の予算教書によると、今後10年間で、低所得者向け給付を中心に歳出を3兆6千億ドル(約400兆円)削減。法人税率の引き下げなどで経済成長率を3%に高め、財政収支を黒字転換させる。過去最大規模の歳出削減と大型減税を打ち出した。

 予算教書は23日に上下両院に提出するが、税財政の立案・決定権は全て議会にあり、トランプ政権の教書は「たたき台」にすぎない。

 教書では今後10年で3兆5630億ドルという過去最大規模の歳出削減を提案する。低所得者向け医療保険などの給付を6160億ドル削減し、生活保護も2720億ドル減らす。医療保険制度改革法(オバマケア)の見直しや政府機関の再編なども進め、支出をさらに圧縮する。

 一方でトランプ大統領が選挙公約としてきた「メキシコ国境の壁」には18会計年度で16億ドルの費用を予算に計上。国防費も18年度は前年度比10%増に当たる540億ドルの増額を要求。

 焦点の大型減税は、
(1)個人所得税の税率を10%、25%、35%に簡素化する
(2)連邦法人税率を35%から15%に引き下げる
(3)中小企業の税率も15%を適用する。

とした以外は詳細を示さなかった。

 また、大型減税によって21年度には経済成長率が3%に高まるとした。10年で2千億ドルのインフラ投資予算も計上し、成長底上げを目指す。成長率の引き上げで10年で2兆ドルの歳入増を見込み、財政収支も27年度には黒字に転換するとした。

米予算教書、低所得者向けプログラム縮小方向

ロイター報道によると、23日に公表予定のトランプ米大統領の2018会計年度(17年10月─18年9月)予算教書には、メディケイド(低所得者向け公的医療保険)からの8000億ドル超の削減やその他の社会保障費の削減が盛り込まれる見通し。

メディケイドの削減は今月初めに下院を通過した医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案に盛り込まれているが、同法案やメディケイドの削減が上院で承認されるかどうかは不透明な情勢。

英で爆発

英のコンサート終了後に爆発が起き、会場は混乱。この爆発で、19人死亡、50人が怪我。

メルケル首相発言

euro
 
 ドイツのメルケル首相は22日、欧州中央銀行(ECB)の金融緩和策により、ユーロは「弱過ぎる」との認識を示した。首相は、ドイツの貿易黒字はユーロ相場と原油価格の二つが押し上げ要因となっており、これらはいずれも政府の管轄外だと指摘。

 ユーロは現在「比較的弱め」とし、「ユーロがECBの政策により弱過ぎるため、ドイツ製品が相対的に安価となっている」と述べた。

 また原油価格が比較的低水準で推移していることも貿易黒字の要因とし、エネルギー価格がもっと高水準にあれば、原油を輸入に頼るドイツ経済の貿易収支は現在とは違う状況にあっただろうとした。

 また、ドイツの大幅な貿易黒字についての質問に、内需が既に経済成長のけん引役であるとしても、ドイツは国内投資を一段と拡大することが可能だと答えた。

 フランスの大統領に就任したマクロン氏については、フランスの失業問題に取り組むよう期待しており、ドイツはマクロン大統領が成功するよう支援する必要があるとの考えを示した。問題解決がポピュリスト(大衆迎合)主義に対抗する最善の道だと述べた。

国際銅研究会(ICSG)月報

 国際銅研究会(ICSG)月報で、2月の世界精錬銅市場が9万3000トンの供給過剰だったと発表。
1月は5万5000トンの供給過剰。

 1〜2月期は14万9000トンの供給過剰、前年同期は4万4000トンの供給過剰。

 2月の生産量は179万トン、消費量は169万トン。

 中国の2月の保税在庫は17万3000トンの供給過剰。1月は8万トンの供給過剰だった。

本日の経済指標

時間国名 経済指標・行事 事前予想
13:30日本3月全産業活動指数[前月比] 
15:00独国1-3月期国内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 
17:00独国5月IFO企業景況感指数  
23:00米国4月新築住宅販売件数[年率換算件数]61.1万件
23:00米国5月リッチモンド連銀製造業指数  
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ