旗は鳴る鳴る ラッパは響く

昨日の経済指標

時間国名 経済指標・行事事前予想結果
8:50日本12月4日, 週次対外中長期債投資 -4876億円
8:50日本12月4日, 週次対内株式投資 -848億円
9:30日本12月日経製造業 PMI 速報値 54.2
11:00中国11月固定資産投資 (年初来ベース) (前年比)+7.2%+7.2%
11:00中国11月鉱工業生産 (前年比)+6.0%*6.1%
11:00中国11月小売売上高 (前年比)+10.2%+10.2%
13:30日本10月鉱工業生産 確報値 (前月比) +0.5%
13:30日本10月製造工業生産能力稼働率指数 (前月比) +0.2%
17:30ドイツ12月マークイット製造業 PMI 速報値62.063.3
17:30ドイツ12月マークイット サービス部門 PMI 速報値56.055.8
17:30ドイツ12月マークイット総合 PMI 速報値57.258.7
18:00ユーロ圏12月マークイット製造業 PMI 速報値59.860.6
18:00ユーロ圏12月マークイット サービス部門 PMI 速報値56.056.5
18:00ユーロ圏12月マークイット総合 PMI 速報値57.258
18:30英国11月小売売上高 (前年比)+0.3%+1.6%
21:00英国12月英中銀バンク レート0.50%0.50%
21:00英国12月英中銀量的金融緩和総額 (GBP)4350億ポンド4350億ポンド
21:45ユーロ圏12月ECB リファイナンス金利0.00%0.00%
21:45ユーロ圏12月ECB 預金金利-0.40%-0.40%
22:30米国11月輸入物価 (前月比)+0.7%+0.7%
22:30米国11月輸出物価 (前月比)+0.2%+0.5%
22:30米国12月4日, 週次新規失業保険申請件数23.9万件22.5万件
22:30米国11月小売売上高 (前月比)+0.3%+0.8%
23:45米国12月マークイット総合 PMI 速報値 53.0
23:45米国12月マークイット製造業 PMI 速報値54.055.0
23:45米国12月マークイット サービス部門 PMI 速報値55.052.4
24:00米国10月企業在庫 (前月比)-0.1%-0.1%

GDPナウ(米アトランタ連銀)

米アトランタ連銀は14日、公表された経済指標などに基づいて算出する2017年10〜12月期の米実質GDP(国内総生産)予想が季節調整済み年率換算で前期比3.3%増となったと発表。

前回公表(8日)の2.9%増から上方改定された。

新規失業保険申請

米国 新規失業保険申請件数1

 米労働省が14日発表した9日までの1週間の新規失業保険申請は、季節調整済みで22万5000件と前週比1万1000件減少。市場予想(23万9000件)を下回った。前週は当初発表の23万6000件から改定はなかった。

米国 失業保険申請件数4週間移動平均1

 4週間平均は23万4750件と、前週から6750件減少。

11月のEU新車販売台数

欧州自動車工業会(ACEA)が14日発表した11月の欧州連合(EU)域内の新車(乗用車)販売台数は、前年同月比5.9%増の121万6702台となり、2カ月連続で増加。
 

バーナンキ元FRB議長

「ビットコインは、規制を逃れるための手段として使われているだけのものであり、長続きはしないだろう。だがブロックチェーンは、潜在力が高く、今後発展するだろう」

市場分析レポート更新

お客様向けメニュー(市場分析レポート)で、「 ビットコインと金相場」と「米連邦公開市場委員会(FOMC) 」を更新してあります。昨日の時事通信社「アナリストの目:原油市場はサウジの内政不安を警戒か」と合わせて、参考にして頂ければと思います。

年末エコノミスト懇親会

IMG_3320

昨晩は、年末恒例「エコノミスト懇親会」

皆から一番写真撮られていたのは黒田総裁。
IMG_3318


「いいこと言うなぁ〜」はカルビー会長。
IMG_3315

クウェートのラシディ新石油相

 クウェートのラシディ新石油相は13日、石油市場は2018年末に向け再均衡するとの見通しを示した。その上で、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国の協調減産終了に向け、いかなる戦略も段階的に進めると強調した。

 ラシディ石油相は「主に減産合意がうまく機能したことで、市場ファンダメンタルズはここ数カ月間で著しく改善している。2018年もこの力強い状態が続くだろう」と予想した。

 また、来年6月のOPEC総会は減産の進展を見直す機会になるとした上で、「全ての産油国は協調減産に関する判断を下すことができる」と語った。

10月の世界鉛市場

 国際鉛・亜鉛研究会(ILZSG)が13日公表した統計によると、10月の世界鉛市場は1万トンの供給不足。
9月は4万1300トンの供給過剰だった。1〜10月は17万3000トンの供給不足。前年同期は3万5000トンの供給過剰。

10月の世界鉛市場

 国際鉛・亜鉛研究会(ILZSG)が13日公表した統計によると、10月の世界鉛市場は1万トンの供給不足。
9月は4万1300トンの供給過剰だった。1〜10月は17万3000トンの供給不足。前年同期は3万5000トンの供給過剰。
記事検索
マーケット情報
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール
日産証券セミナーサイト
当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ