ウクライナ情勢

防空システム制圧

ロシア国防省は「ウクライナ軍の防空システムを制圧した。空軍基地の軍事設備も破壊した」と発表。

全面的なウクライナ侵攻を開始

ウクライナのクレバ外相は24日、ツイッターで、ロシアが「全面的なウクライナ侵攻を開始した」と述べた。

反動狙いのタイミングは?

金や原油に関してはオーバーシュートが生じた場合、その後には、それ相応の反動も予想されるものの、現段階では金については、トレイリングストップでの利益確定売りは良いものの、値頃での新規売り、株価に関しては値頃での買いは避けたいと考える。

過熱感を伴った相場は下げ局面でも上げ局面でも、往々にしてオーバーシュート気味の値動きとなる。その大波に飲み込まれないように注意したい。想定シナリオは正しくとも、資金配分を間違えば、相場予想は当たったのに、儲からなかったとなりかねない。

出来高を伴い金であれば長い上ヒゲ確認、株価であれば長い下ヒゲなどのチャート上の天底パターンを確認してからの、反動狙い出動としたい。

特別な軍事作戦実施

プーチン大統領、ウクライナ東部の住民保護に特別な軍事作戦実施へ

STOCK-VOICE(金と原油・ウクライナ情勢)

CapD20220126_2

本日のSTOCK-VOICEは、金と原油、ウクライナ情勢について、お話しました。

金に関しては、フラクタル(自己相似)な関係がみられる一例をお伝えしました。
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ