KE昨晩発表された全米20都市部を対象にした7月のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケースシラー住宅価格指数の低下幅は予想以上に縮小したが、この「S&Pケースシラー住宅価格指数」は、米国の一戸建て住宅の販売価格推移を指数化した指標です。ウェルズリー・カレッジのケース教授とエール大学のシラー教授が開発した算出方法を元に、米国の民間調査会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)社と調査会社マクロマーケッツが共同で算出・発表しており、2000年1月時点を100として指数化したものです。

 米国の主要10及び20都市の一戸建て住宅の売買実績に基づいており、毎月最終火曜日に、2ヶ月前の時点の住宅価格指数を発表している他、全米指数は3ヶ月ごとに発表されます。

 比較的新しい指標ですが、全米20の主要都市で「実際に取引された不動産価格」からの算出で取引実勢を反映していることから、信頼性に優れた指数とされています。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ