ビル・グロス

2013年の大胆予想(ビル・グロス)

(1)株式と債券の年間投資収益は5%未満、

(2)米失業率は7.5%以上に高止まり、

(3)金相場が上昇、

(4)13年末の米5年物国債利回りは0.7%、

(5)米ドルが下落、

(6)ニューヨーク原油相場は一時1バレル100ドルを上回る

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


ビル・グロスの見方

 債権の帝王ことPIMCO(ピムコ)のビル・グロスは、12月の月例投資見通しで、慎重な見方を改めて示し、米国や世界経済の回復の構造的障害には「奇跡的な政策の薬などないかもしれない」と指摘。

 グロス氏は「経済成長鈍化の真の原因は数多くの構造に隠れており、景気循環による逆風とは対象的に、反転させることは難しいかもしれない」とした。

 また、経済成長率の低さにより株や債券の収益も減少すると予想、債券については「最善で」3〜4%、株については「それより数%だけ高い」収益率を見込んだ。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

債券の帝王ビル・グロスの見方(ドル相場)

1e47ba18.jpg 米債券運用会社PIMCOの最高投資責任者(CIO)ビル・グロスは1日、「連邦準備制度理事会(FRB)が非伝統的な金融緩和を継続すれば、ドルは今後数年で20%下落する危険性がある」との見方を示した。
 何兆ドルもの紙幣を印刷した場合、量的緩和第2弾が必ずしもその規模で行われなくとも、それは世界規模でのドル供給を意味すると述べた。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

ビル・グロス投資家向け報告書

 債券運用最大手、米PIMCOのビル・グロス氏は、投資家向け報告書で「米国の金利引き上げは当分ない」との見解を示した。

 グロス氏は「金相場が急騰したからといって、1500人の米国人が失業し、2500万人がパートタイムを強いられている状況で利上げをするのは冗談としか言いようがない」とし、「株式相場は底値から60〜70%回復し、ドル相場は主要通貨に対して過去1年間に15%下落。住宅ローン金利は4%台まで下がっているが、これがミニバブルであろうとなかろうと、バーナンキFRB議長が現在のゼロ金利を引き上げるには、4〜5%の名目国内総生産(GDP)成長率が向こう12カ月程度続く必要がある」とした。

 過剰流動性相場は継続する。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ