FOMC

米利上げ後の値動きパターン

335B5462-8AF1-4801-92A4-774319BA16F8

お客様メニュー「市場分析レポ―ト」に

「米利上げ後の値動きパターン」

「FOMCを受けた金相場見通し」

「黒田シーリングに接近中」

をそれぞれ更新しました。


参考にして頂ければ幸いです。

FOMCを受けて利食いの動きも、金の押し目買いに変化なし

金と10年債5分足220126

 米連邦公開市場委員会(FOMC)では3月の利上げが示唆され、量的緩和の縮小(テーパリング)を終了し、債券保有を縮小するとの見通しも示された。FOMC後の記者会見でパウエルFRB議長が「すべての会合での利上げの可能性を排除しない」と述べ、FOMC後は米国債の利回り上昇やドル高を受けて、NY金は一段安となった。

パウエル議長は、労働需給の逼迫は「これまで見たことがないレベル」と強調。賃金インフレを警戒し「労働市場を損ねることなく利上げは可能」と指摘した。

米国経済は総じて底堅く推移しているものの、生計費の急速な上昇で家計のセンチメントの停滞感が強まっており、40年ぶりのインフレと史上最大の金融緩状態は共存し得ない。

インフレの抑制に関してバイデン政権は、これまで原油国家備蓄放出や、サプライチェーンの混乱への対応策などを打ち出してきたが、今のところインフレ抑制に十分な効果を上げているとは言い難い。昨晩は、ここ最近、上げ足を強めていたこともあり、米金利上昇を嫌気して調整安となったが、下値は限定的。

nygv

 株価の上昇と共に金利が上昇する「良い金利上昇」となるなら、金は続落となるだろうが、株価下落を伴う「悪い金利上昇」となるなら、金の押し目は買い直される。

 また、ウクライナ情勢をめぐり、アメリカのブリンケン国務長官はロシアがNATO(北大西洋条約機構)をこれ以上拡大させないよう要求していることに対し、応じられない考えを書面で回答したと明らかにした。ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟に反発するロシアがウクライナへ侵攻する懸念から原油が上昇したことが、金の下値を支えている。
本日は、北朝鮮による弾道ミサイル発射報道もあり、世界各地で燻る地政学リスクの高まりが「安全資産」としての金に資金を向かわせるだろう。

FOMCスケジュール

 米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の初日協議を開始。

 雇用改善を受けて、量的緩和縮小を決定するかどうかが焦点。

 協議は2日間にわたり、18日午後2時(日本時間19日午前4時)に声明を発表、その後バーナンキ議長の記者会見が行われる予定。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


本日の注目(FOMC)

 FOMCでは、低金利政策の継続期間に関する表現(extended period)が維持されるか否かに注目したい。
 
 出口戦略へ向けて大きな変化・進展がなければ、米中間選挙後あるいは来年への利上げ開始時期のずれ込みが意識され、米金利やドル下落圧力に繋がりやすい。

 3月末終了予定のMBS購入に関して、将来の購入再開に含みを残す表現となる場合もドルの重石。

 一方、なんらかの修正が行われる場合、出口戦略への期待感からドル高リスクとなる。

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

FOMC声明文

 注目のFOMCは、金利据え置き、低金利政策の継続機関に関する表現は現状維持。声明文の要旨は以下↓


「FF金利の誘導目標を0─0.25%に据え置き」

「金利を長期間極めて低い水準に維持すると再確約」

「状況には、低水準のリソース利用・抑制されたインフレ傾向・安定的期待含まれる」

「政府機関債を1750億ドル購入へ、従来の最大2000億ドルから縮小」

「政府機関債の購入規模の縮小、政府機関債の限定的利用度を反映」

「経済活動は引き続き上向いた」

「金融市場状況、前回会合から概ね変わらず」

「家計支出は拡大しているもよう、失業や信用逼迫で引き続き抑制」

「企業は引き続き投資・人員を削減しつつある、ペースは鈍化」

「企業は在庫を販売により一致させる方向で進展しつつある」

「経済活動は当面引き続き弱い公算と再表明、政策行動が経済を支援」

「FRBの決定は全会一致」

「リソースの緩みはコスト圧力を緩和、インフレは当分の間引き続き抑制される」

「バランスシートを監視、必要に応じ信用・流動性プログラムを調整」

「諸状況の進展を踏まえ、証券購入の時期と規模を引き続き見直し」

にほんブログ村 先物取引ブログへ
  にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ


記事検索
日産証券ホームページ
留意事項

プロフィール

菊川 弘之

当資料は情報提供を目的としており、日産証券(株)の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容の正確性、完全性には万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当資料の作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当資料により生じた、いかなる損失・損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
当資料の一切の権利は日産証券(株)に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
  • ライブドアブログ